最後に共演出来た事。

ミシェルです。


長門裕之さんの訃報を知りました。

長門裕之さんとは、
去年、映画「青い青い空」で共演させて頂きました
映画ではこの作品が最後になったそうです。

昨晩、一緒に共演した平沢いずみちゃんから連絡が来て二人で現実を受け入れられませんでした。


映画で共演させて頂いた時も本当に明るくて優しい方でした
控室で日本語で話す私に「きみ、日本語うまいねー」と明るく沢山お話をして下さりました。


映画のシーンでは長門さんに書道を教わるシーンで、いずみちゃんと私は
長門さんのとても台詞とは思えない言葉の暖かさで本番中本当に涙が出ました。
監督にも「ミシェル‥素だったでしょ?」と言われました。



演技では無く、本当に伝えてきた長門さんの台詞がとても心打たれて私は長門さんと共演させて頂いたその日に手帳に感じた気持ちを書いていました。
台詞は読むんじゃなくて伝えるものと感じました。



一緒に関わる事が出来た事、
長門さんとは出会えた事
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


この気持ちを忘れずに生きていきます。



長門さん
ご冥福をお祈り致します



michel

コメント

今日、フジ系の「とくダネ!」で長門さん最後の映画作品として
「青い青い空」での長門さんの様子が放映されてました。
本興寺でミシェルさん平沢いずみさんに語りかけるシーンも
流れましたよ。

長門さんとの共演、ホントに貴重な体験をすることがでましたね。
きっとミシェルさんの大きな財産になると思います。

もっともっとたくさんの地域で「青い青い空」が上映されて、
もっともっとたくさんの人たちに、長門さんが観客に伝えてくれた
大切な事を感じてもらいたいですね(^-^)

こ~めぃ 2011年05月24日

michel  さん

『青い青い空』 は、本当に良い映画でした。
早くDVD、BD が発売になるといいですね。

その中で長門さんは、独特の存在感があって “さすが” と思いました。


ところで、人の命には限りがありますが、その人生はその人が亡くなったら
終わり、ではないと思っています。

その人が残したもの、その人と直接、間接に触れ合ったことで影響された人、
そういったものや人が新しい何かを生み出したり、他の人に影響を与える、
そうやって文化や歴史が続いていく限り、その人生はある意味で続いている
のではないでしょうか?

我々もそうやってたくさんの方々の人生によって今があるのですから、その
多くに方々のためにも文化、歴史を繋いで行かなければならないですね。

ドクター 2011年05月24日

一生忘れられないであろう、
本当に貴重な”出逢い” ”想い出”になりましたねえ・・・・・・

太田隆文監督のブログです
http://takafumiota08.blog.so-net.ne.jp/
ミシェルさん・平沢いずみさんとの3ショット写真も載っていて
何とも言えない気持ちになりました

心より御冥福をお祈り致します

2011年05月23日

お寺でのシーンが思い出されます

魂はミシェルの中で生き続けます

長門さんから得た物を大切に

御冥福お祈り申し上げます

丸猫 2011年05月23日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

ブログ終了のお知らせ
CD予約について
CD発売
AbemaTV