ご配達いや誤配達

最近のマイブームはリントンのメープルスイートwithクラッカー、どうも浜園です!

今朝9時ごろに宅急便の配達があったんですよ。
大きな段ボール二つ。

浜園は基本土日オフってるので
ゆーっくり寝てる時にピンポンが来たので
寝ぼけて出てしまって
ササッとサインして荷物を受け取ってしまったんですね。

そして目覚めて

『お母さんから贈り物かな~(*^_^*)』

『イギリス人からかな~ヽ(^o^)丿』

なんてルンルン気分で送り主を見てみると

知らないおっさんの名前。

宛先、おっさんと同じ名字の知らない女の子の名前。

中身は米、食品、衣類などとかいてあり
きっと父から娘への救援物資でしょう。

しかしおっさんが書き綴ってる住所は間違いなく私のマンションの住所、号室。


ここに住み始めてもう半年は経ちますが
以前住んでいた女の子への荷物が届いたようです。

いろんな憶測が飛び交います。


結論

父が娘が引っ越したのを知らないで
田舎から救援物資を送ったんだ!
父よ、娘はもうここにいないぞ?
きっと親に言えないってことは
このマンション引き払って娘、男と住んでるぞ?
よかれと思って送ったであろう荷物で
娘が都会に変えられた事実を知るなんて。


段ボールは配送業者に誤配達として引き取ってもらいました。


きっと配送業者がお父さんに電話して
『住所に違う人が住んでいるので、新しい住所を教えてください』
って連絡してお父さんが

『まじがよ!』(まじかよ、をなまった感じ)

ってなるんですね。
そこからは娘と電話で修羅場ですよ。

で、同棲してる男と電話変われ!ってなって
同棲中のしょうもない男が

『ちっす!米、きれ気味っていうか~買う金なかったんで~嬉しいっス~ライス~♪』
とか韻ふみながらいうんですね。

修羅場ですよ。

いやぁ
誤配達にはいろいろなドラマがあるなぁ

気を付けよう…


浜園みか

コメント

想像力ゆたかですな・・・
トレンドは選挙だぬ・・・

出張 2011年04月03日

「ぷすま」で完全オフ姐さんと、¥にガッツポーズ姐さん結構笑えた



親父:(還付された荷物を見て)ん?あ!いけね、前の住所で送っちまったょ

終了・・・

丸猫 2011年04月03日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

ブログ終了のお知らせ
CD予約について
CD発売
AbemaTV