取れましたの

あらま

缶詰めを開けようとしたんです。

缶切りが必要のないタイプ。

でも、持ち手のところが

ぺこっ

あっけなく取れてしまいました。

仕方なく缶切りを出して開封しようとしたのですが

缶切りを使わないで開けられるようになった缶って、逆に缶切りじゃ開かないのね。

あの缶切り独特の突き刺す刃の部分がまったく刺さらないし、
うまく淵にひっかからない。

せっかく買ったのに

と落ち込みましたが

いや待てよ

裏はどうさ?

と、缶をひっくり返してみました。

ピンポーン
当たり

裏は缶切りを使って開封する缶と同じ状態で
無事に中身を取り出せました。

よかったわあ。

コメント

最近 缶きり 見なくなったねぇ  今はテコの要領で切る物が一般的だけど 昔は真ん中に太い釘のような物を刺し ふたを切る部分を缶の淵にあわせて回す物が主流だったよ

なみへいオヤジ 2010年09月20日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着
新着 どーこだー
新着
📘『北欧スウェーデン式自分を大切にする生き方』📖