寅年2022年

明けましておめでとうございます。
昨年中も大変お世話になりました。
ここを見てくださっている皆様、お仕事を支えてくださっている皆様、そしてプライベートで近くにいてくれる沢山の素敵な人たちのおかげで、今年もこうして穏やかに新年を迎えることが出来ました。ありがとうございます。


2021年は特に、未だ厳しい状況の渦中でありながらも様々な方のお陰で、CM出演をはじめ、映像出演や映像生配信番組MC、教育関連のお仕事などの様々なご縁をいただきました。
スポンサー企業の皆様、事務所の方々、撮影に関わってくださった多くの皆様、このような状況にも関わらずいつも心温かく迎えてくださった現場の皆様、本当に本当にありがとうございました。


世界がコロナ禍に突入して以来、社会には多くの変化がありました。そして今もそれは続いています。

そんな中で2021年の私は、どういうことが本当に自分らしいことなのかを具体的に見極め、自分らしくないと思うことを手放していこうと、あれやこれやと格闘していました。

1年以上かけてなんとか自分らしさの断捨離が進んできたところで迎えた2022年。
今年は自分が本当に楽しいと思える生き方のために、必要な技術を強化したり付け足したりしていく年にしたいなと思っています。

例えば、日常会話で英語でやり取りはできても、もしビジネスレベルで英語が使いこなせたらもっと沢山の可能性が広がるのに、と感じるならば、英語力の強化が必要となります。
「もしも○○が出来たら、○○○になって楽しそうだな。」ここが出発点です。


毎年のことながら、2021年も本当に長かったけれど、
2022年の長い長い一年がまた始まりました。

積極的に変化を続け、
常識という名の化石的思い込みに縛られないように注意を怠らず、
自分にしかない未来を掴み続けていきたいと思います。


今年もマイペースな私に、ゆるりとお付き合いいただけるのなら、
とてもありがたく、嬉しく思います。


2022年もどうぞよろしくお願いいたします。


鈴木麻里





最新ブログ

ショパン
ニュースとご飯と白が紙一重、それがタイ語
寅年2022年
期日前投票の帰りにカブを買う