いただいた本も読む時間できました



オノマトペでいろいろな共同研究を

一緒にやってきた渡邊淳司さんから

認知言語学会の
オノマトペのシンポジウムをご一緒した際
最近出版された本をいただきました

情報環世界: 身体とAIの間であそぶガイドブック


東大の情報理工ご出身なのに
人間のことに広く深く興味を持たれて
今やいろいろなことをされている渡邊淳司さん
ならではの本ですね

専門の枠や壁にこだわらず活動されているところ
自分にも共通していて
いつも共感しちゃいます

ただ、私とは方向性が違うところもあったりして
そこも面白いんです

それにしても装丁もそうですが

中も色がふんだんに使われていて
すごくお金のかかっている本だなぁ
とも思いました

読みやすくて楽しいデザインは
読者にとっては有り難いかぎりです

それから

同じくAIはキーワードになってはいるものの
全然方向性が違う本は

名古屋で開催されだ
日本医療マネジメント学会と
日本放射線技術士学会での
講演でお世話になった
藤田広志先生からいただきました


ディープラーニングを
医用画像に適用する方法が
わかりやすく
具体的かつ実践的に解説されていて

こうやってAIは専門家以外も使いこなすように
なっていくんだなぁ
と実感しました

オーム社さんから出ている本ですね

実は私が今執筆中の本もそうです

私も頑張らないと

でもあまりに肩凝りで
このブログはマッサージチェアで書いてます

ストレッチしても
走ってみても
しつこい肩凝りで治らないから
諦めてお夕飯作ろう

みなさま良い連休をお過ごしくださいませ



コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 ウェディングっぽいジェルネイルにしました
新着 自家製カフェオレパンの朝食です
新着 大学院入試
新着 感性AI一周年記念懇親会