椿組野外劇鑑賞

椿組花園神社野外劇
「芙蓉咲く路地のサーガ」~熊野にありし男の物語
観劇。


もちろん浴衣で参上です。
椿組野外劇と言えば、夏の風物詩ですから。

2002年から見始めて、しばらく毎年通うも、出産育児で遠のいておりました。
テント芝居は昼公演がなく帰りも遅く、子供が小さいと行きにくくて。
数えてみたら、8年ぶり?!
時の流れに驚きましたが、こうして預けて出掛けられるのも成長の証♪

さて椿組野外劇。
出演者陣にはお馴染みのメンバーも多く、
50代60代70代...年齢もなかなかのもの💦
でも芝居のパワフルさも、見た目の印象も、衰えた気配を感じない。

同世代の椿組劇団員たちも、変わらずそこにいてくれて、
真摯に芝居を続けている姿は羨ましくもあり、
たくさん刺激をいただきました😁

野外劇の土臭さとか、
テントに足を踏み入れた瞬間のワクワクとか、
ラストのセットはどうなるの?!なんてドキドキとか、
終演後そのままテントで、お客さんも交えて毎日飲み会が開催されるところとか、
こういう世界を知らない人たちにも、一度味わってほしいなぁと思います。

帰ったら、夫はソファ、息子は座椅子、娘は座卓の下で寝落ちておりました。
想像するに、まずは夜勤明けだった夫が落ち、娘は机下に潜り込んだまま映画を見ながら落ち、ひとり残った弟は、遊び相手もなく座椅子の上に移動して落ちたと思われるw

面白いから写真撮ろうと思ったけど、部屋が散らかってたからやめといた😅

大矢敦子
#観劇
#椿組
#野外劇
#芙蓉咲く路地のサーガ
#新宿花園神社
#夏の風物詩

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

しゃっくりを求められる。
中国人会に紛れてみた
お仕事おわり
富岡製糸場