帰国

バタバタとお仕事やら打ち合わせやら英語のレッスンやら観に行かなくてはいけない展示やら舞台やら、、、と日々駆けずりまわっている間に、いつのまにやらゴールデンウィークが終わっていた。
連休らしいことは何一つ出来なかったが、
忙しい中にもたくさんの良い出会いがあり、新しい発見があり、次なる具体的な目標も見えてきたりと、実りの多い日々だった。

そして約6週間の出張から主人が帰国。今回はいつもよりはかなり短い出張だったが、初の海外での個展があったり、当初スリランカに行く予定だったところを急遽バリに変更した後あの悲しい事件が起きていたり、やっぱり車に追突されたりと、相変わらずな様子で、今回も奇跡的に無傷で無事に帰ってきた。

今回の事故は、バイクに乗っていたところを車に思いっきり横から追突されたようなのだが、彼の中ではそんなことはもはや些細なこととして脳が処理するようになっているらしく、事故の3日後くらいになって「そういえばぶつけられた」と言い出す始末。本当に毎度毎度危ないことをギリギリのところでくぐり抜けてくれる人だ。運がいいのか悪いのか、もうここまでくると全く私には判別できないが、きっと運がいいのだろう。

さて

主人の誕生日は家族揃って友達のタイ料理屋さんへ。
主人は散々タイ料理を食べてきたはずなのに、タイから帰国した日にでも食べたくなる、不思議な友達のお店の味なのだ。記念日にはやっぱり、ここに来たくなる。

これから先の計画や、タイやバリで出会ったアーティストの話、次の決まっている展示と制作のプランについての具体的な相談など、話は尽きることはない。

昨日まではこれを、ネットを使って動画通話でやりとりしていたわけだが、ようやく同じ空間にいて、思いついたタイミングでアートについて話し始めたり、作品について思考を巡らせたりするという、我が家の日常風景が戻ってきた。
家でお互いがそれぞれに読みたい本を読む余暇の時間も日常に戻ってきて、最高に贅沢な時間だとしみじみ感じながら今を健康に生きていることに感謝する。

ウィルさんもどうやら、あるじが居なくなった家で、「自分がしっかり家を守らなくちゃ!」と頑張っていたようで、昨日までとは全然様子が違う。
安心しきって、ゆったり寝ています。
全然気がついてあげていなかったけれど、そっかそっか。ウィルさんはウィルさんで群れが解散している間、「二人分」で頑張って、私のことも家のこともがっちり守ってくれてたんだね。ありがとう。





This Japanese holidays "Golden Week" had ended after my hard working days.
I couldn't spend the day for my holidays, but I had many good experiments through my jobs.

And finally, my husband came back home from his
tour for art works in Bangkok, Chengmai and Bali.
He met many important artist, gallerists or curators and his old friends, and he could get some next something for exhibition or making a new work.
The art trip was 6 weeks. It's short for us because he had been America or Europe for about 3 month.
I always become coufused about my feelings between loneliness and exciting expectation about his development as artist.
I understand to need his art trip and I want to let him go. He will catch many many important things through his trip, I know. And he calls me by Facetime everyday wherever he goes.
And fortunately, my days are busy for my jobs.
But sometimes I have little tears. He knows it but we know the necessity about these challenges.

He came back unhurt although he had car crash(not again!), he had a narrow escape from the terrorism at Suri Lanka because his trip was changed to Bali.
When he rode a bike, he was attacked strongly his side by car! But he had forgotten at the end of the day. and he told me that after a few days. "By the way, I had an accident on the road"
He seemed to lose feeling about dangerous because he had gotten many serious troubles in his past trips.
I don't know he is a lucky man or not. But he always comes back. So he may have blessing and good luck.

He came back on his birthday.
We went to my friend's restaurant for his birthday dinner.
We talked about art. For the next exhibitions, art works and some new projects, we talk each other in our daliy life. While his trip, we use Facetime. But all members are in the same place(of course including William🐶), we can think many important things about art with coffee on the table. Our daliy life came back.
We read books, think and talk each other for art other than the time that we should do for jobs or housekeeping (washing, eating, buying...) It's a little curious style for other families, but our life are full of art.

William got a good sleep. He seemed to spend many hard days because he had to guard his sister(me) without his strong brother(my husband).
While my husband's trip, William had barked more than usual.

Anyway, all members are in house!
We will start again for our next challenge.



コメント

タレント業は、世間がお休みの時に忙しいんでしょうね。
旦那様は、自己のトラブルは気にしない性格みたいですが、後遺症等の心配を考えると、何かあったらすぐに大使館なり、領事館なりに駆け込むようにしたほうが良いと思いますよ。

それぞれの国で顔が広くても「アンダーグランド」の世界はどこにでもありますから。

taka 2019年05月10日

久しぶりに、家族皆が揃っての楽しい時間、よかったですね。また、ご主人も、インディジョーンズもびっくりの(笑)、毎回のサバイバルですね。でも、無事で何よりです。日本の誇る、大切な芸術家の一人だと思っているので、これからも夫婦仲良く。。。そして、ささやかに頑張ってくれた、ウィルさんも大事に(笑)。

みーまる 2019年05月10日

まりさん、今年のGWは知り合いから進められて堤未果さんの本を読みました、大まかに内容を言いますとあらゆる所で日本が売られている現実です。

のぶちゃん 2019年05月10日

やはりいろいろと起きてたんですね。
しかし、幸運の持ち主でもありますね。
これからも幸運を祈っています

Kyo 2019年05月10日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

オーダー品
八百屋とコーヒー屋とパン屋
moving
川沿いのお屋敷