ウィルさんを見ていると、幸せを感じるとは何かということについて、はっと気付かされることが多い。


春の日差し。
暑からず寒からず、風もそよぐ程度に軽やかで、
鳥のさえずり、遠くから聞こえる往来の声や、
芽吹いたばかりの緑の香り

ただこの瞬間を五感で味わうだけで
大きな幸せが体の隅々まで満ちていく。

忙しかったり、心がトゲトゲしてしまっていたり、
何かに気持ちが乱されていると、
あっという間に気が付かず過ぎ去る幸福。


ほんの一瞬、ただ今ここにあることの幸せを意識してみるだけで、最高のものがすでに目の前にあったことを思い出す。


春を楽しむ。

一呼吸ごとに、体の細胞が喜んでいくようだ。













William has talent to enjoy his life.
He always finds his happy in the wind, sun light, and sounds by nature, and I'm always told what is HAPPY by his daily behavior.

In the spring sunshine.

Not too hot, not too cold

Wind is passing over
Little birds are singing
Hearing the sound from the high street over there
Smelling fresh greens from nearby mountain

I can fill the spring with these natural things by using my senses. I feel a lot of happiness.

When my sprit is busy, cold and stuffing over, I will
not be able to find something good in front of my eyes.

It's simple thing.
Just feel.
I will catch a light in my daily life with breathing deeply.

コメント

季節の変わりめの中でも、春は特別ですね。
鎌倉に住んでいた頃、福島出身者が「春の匂いがする」と言っていました。
彼は実家が農家のせいか、五感で自然を感じていたのかもしれません。
夏、秋、冬への変わり目の頃は何も言いませんでしたから(^.^;

taka 2019年03月28日

この気持ち良さそうな表情がいいですね。
こちらではツバメが巣作りをしていますよ

Kyo 2019年03月28日

ささやかな幸せこそが、人生で最も大切なものですよね。。。

みーまる 2019年03月28日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

11月24日はスマーク伊勢崎さんへ!
湘南モーニング🐶🐾
奇蹟の芸術都市バルセロナ展 音声ガイド in 札幌芸術の森