雨の朝

雨の日の朝は古典的なピアノ曲が軽やかに流れる中でコーヒー。









ピアノしか知らない青春時代を過ごしてきたせいで離れた後もかなり長い間、ピアノとかオペラとかオーケストラとかとにかく避けて過ごしてきたし、音楽そのものから離れたいと思っていたけれど、
時がいろいろと消化してくれたのか、最近は心地よく聴くこともできるようになった。

雨の日の自分の時間にはピアノ曲を聴きたくなる。
朝の雨はモーツアルトなどの透明感のある音で。
昼下がりの雨はドビュッシーなどの彩り豊かな流れる空気感のある音で。
夜の雨はベートーヴェンなどの重厚感あふれる深みを感じる音で。

いずれも音楽室に肖像画が掛かっていてもおかしくないようなメジャーどころの作曲家たちだが、彼らの残した名曲は数多く、そしてそれらを奏でた名演奏の音源というのは計り知れず存在し、聴いても聴いても楽しみは尽きない。

最近、ダニエル・バレンボイムさんという超有名ピアニストがベートーヴェンのピアノソナタ『月光』についてピアノの前でフレーズを少しずつ弾きつつ語るという動画を観た。
彼の演奏は何度もCDになったもので聴いたことがあるが、端正で押し付けがましくなく、エレガントな音が鳴っていて、学生としての勉強にもとても役立つ演奏だった。まだ生で演奏を聴いたことはないが、彼が世界中のコンサートホールでの演奏活動を引退してしまう前に一度聴く機会があればと願っている。

動画の解説でも語られていたように、『月光』というタイトルはベートーヴェン自身によって付けられたものではないというのはこの曲が好きな人の間でも有名なエピソードだ。
そこを改めて思いながら窓の外を見た時、第1楽章は森の中の静かな雨、でも成立できそうな曲だと感じた。
月光と思って聴く時と、森の雨と思って聴く時とでは、全く違った色が見えてくる。


カフェでランダムに流れるピアノ曲を何曲も聴きながら、昔自分も演奏していた曲が出てくると、改めて音楽科の学生時代の私は「青く」て「とんがった」演奏をしていたなあと回想させられる。
それはそれで、青い時代にしか出せない音で、悪いものではないとは思うが、今もし弾けば全く違うものが出てくるだろうことは間違いない。
昔はつい物足りなく感じていた表現も、今聴けばその味わいを感じることができる。
弾き手も聴き手も、その人の今いる時間の中で、時を重ねながら、変わっていくのだろう。


さあ、昨日は全力を出し切って、そのあとしっかり寝て、
今朝は朝の時間を大切にゆっくりと過ごせたから
充電は満タンだ。


今日も1日、フレッシュな気持ちで、全力で走り抜けよう。


いってきまーす!




In this morning, I had a coffee time with beautiful piano playing from the coffee shop's audio.
It's the rain day.
I like listening piano sounds with rain.

Mozart's piano pieces are suited in the rainy morning, Debussy's pieces are for the afternoon, and Beethoven's slowly pieces are for the night in a soft rain.
They are so famous composers that their portraits
are displayed in the music classroom.
Their many works are remained and played by many good players. The audiences' enjoyment with their good musical performances will not be ended.

I saw a movie by Daniel Barenboim.
He is one of the famous piano player in the world, and I had his CD. I liked his play. When I was a student of the Ochanomizu University, I studied about piano and music, I listened his play many time to study for my playing.
I had never been to his concert with live. Sometime I want to go that before his retirement on the world stage.
In this movie, he talked about "Moon Light Sonata" composed by Beethoven.
It's the famous stroy about this title that Beethoven was not named this by himself.
When I realized that episode, I felt the forest with rain listening this Sonata(1st movement).
It made me some different feeling, between "Moon Light" and "Forest Rain".


I spent my time in this morning at a cafe.
I realized some pieces which had played before.
In that time, I was a young player. My play was so "blue" and "sharp edged" with a full of passion.
If I play it now, I'll make some different sounds.

The time may be taken some difference way for both, audience and player.




So, I could recharged my energy after good sleep and this coffee time.
I'll do my best in the today's mission!
Bye👍✨😉

コメント

いつか、機会があれば、ピアノを弾いている、まりさんを見たいなぁ。。。

みーまる 2019年02月28日

ピアノの曲とコーヒー、いいですね。
ピアノの曲はクラシックもいいですが、ジョージ・ウインストンもいいですよ。多分、聞いたことがある曲があると思います。

Kyo 2019年02月28日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

11月24日はスマーク伊勢崎さんへ!
湘南モーニング🐶🐾
奇蹟の芸術都市バルセロナ展 音声ガイド in 札幌芸術の森