書店とコーヒーと読書

販売店の在り方が多様化する中、消費者はよりそれぞれのスタイルに合った店で買い物を楽しむことが出来るようになった。

実店舗の大型店や百貨店のような品揃え豊富な場所のみならず、遠く離れていても家の玄関まで持ってきてくれる通販や、敢えて個性を強く押し出した小商い型式の店など、規模も型式も様々だ。

私自身もその時々で買う場所や買い方は異なるが、最近特に気になるのは書店である。

大きな書店の本店のような何フロアにも渡る本、本、本というのも圧倒される感じも大好きだし、駅中の小さな店舗も厳選された品揃えが面白い。本棚を巡るうちにあっという間に時間が経っていることも多く、行ったことのない実店舗があれば何かのついでに覗いてみたくなる。

本の内容でも好みが分かれるように、きっと書店ともそれぞれに相性があるのだろう。何だか気になる店や、一度行っただけで大好きになる店、目的なく行ってもいつも買いたい本が見つかる店など、多くの書店の中から自分のお気に入りのお店がまた一つ増えた時は、本で荷物が重くなっても足取りは軽やかだ。

先日、まだオープンして1年も経たない小石川のPebbles Booksにようやく行ってきた。
住宅街に突如現れる書店は二階建ての一軒家のような佇まいで、静かにそこに建っていた。本屋を目的地として尋ねてこなければ、うっかり目の前を通り過ぎてしまうかもしれない控えめな外観が上品だ。

本棚にはぎゅっと濃縮度の高いラインナップ。小さな規模で展開する独立系書店はこの頃増えているようで、みな他の店でも手に取ることができる新刊本を扱っているのにそれぞれのお店の特徴がしっかりと出てくるあたりが面白い。
Pebbles Booksは店主の選書が強く主張しているにもかかわらず、地域の本屋さんとしての在り方も意識されたことを感じた空間だった。独自性がありながらも独り善がりではなく、雑誌や子供向け絵本やJRの分厚い時刻表まで並んでいるのに全体として消して雑多な空気にはなっていない。清々しい美しさが隅々まで行き渡っているのに「うちは大衆におもねりませんから!」みたいな肩肘張った独立感アピールが全くなく、それでいてもちろんしっかりと選書されている。このバランスが気になって仕方がない。






実はこの直前に近くのkarta coffeeさんでパプアニューギニアのコーヒー豆を買ったので既に荷物は増えていたのだが、Pebbles Booksさんでも最新刊を含めた3冊を購入。手が痛くなりながらもニヤニヤが止まらず、新しく好きな場所が増えた嬉しさを反芻した。






Pebbles Books





karta coffee





最近読み終えた本はこの時買ったものではないが
話題の本屋大賞候補作品から

『フーガはユーガ』(実業之日本社)
伊坂幸太郎さんの最新作




『熱帯』(文藝春秋)
森見登美彦さんの最新作







どちらも期待を裏切らない面白さだった。
今回、伊坂幸太郎さんの作品では珍しく「殺し屋」が出てこないのだが、 それに匹敵する人々が暗躍し、
相変わらずのスピード感溢れる展開とキレのよいセリフのオンパレードだった。


森見登美彦さんもやはり森見ワールド全開。彼の作品に出てくる独特の白昼夢は、ねっとりとした湿度が感じられ、読書歴の浅い頃にはこの重苦しさが苦手だったのだが、読んでいるうちにクセになり今ではどっぷり中毒だ。
『熱帯』はミステリー作品のように始まり、さらりと引き込んでおきながら、気がついた時には森見さんの得意技に絡め取られ身動きが取れないほど深みにはまってしまう。それは彼らしさを余すところなく発揮してしながらも、物語の核をも形成し、読み終えてから「モリミー作家業の全身全霊を感じた!」と思ってしまった。(もちろんこれまでの作品も全身全霊で書き上げていらしたのだと思うし、違う意味で大好きな森見作品も多数ある)
分厚い本なので持ち歩くのにも抵抗があり読むのが後回しになっていたが、もっと早く読めばよかった!休日の引きこもりのお供にはぴったりの本ですよ。

『熱帯』の世界に引き込まれながら、なんとこの本には小石川が出てくる。Pebbles Booksに向かう時に見かけたこんにゃく閻魔も。あまりの偶然の一致と物語の特性(このあたりは読んでのお楽しみ)にゾッとした。
本に夢中になることについて、『熱帯』の登場人物がそれぞれに語る部分もあり、本好きとしてはそんな細かい描写にもいちいち頷いて嬉しくなったり、読んでいたのがたまたま節分だったり、そうだ今すぐ京都に行こう!と思い立ちたくなったり。
読んでいる最中も夢中になり、読み終えてからもジワジワくる良い本だった。



#読書
#pebblesbooks
#kartacoffee
#koishikawa
#tokyo
#森見登美彦 さん
#伊坂幸太郎 さん
#本屋大賞
#小説
#reading
#book
#kotaroisaka
#tomihikomorimi
#novel
#書店







Because of diverse shops, the customer became able to enjoy shopping at many shops which have each styles. Not only huge shops like department stores but also internet stors or independent little shops can provide us many items.
Recently I have an interest in little independent book shops. On those shops, some kind of taste are reflected in their book shelf by the owner of the book shop. When I could find my new favorite book shop, I could buy and go back to my home with light steps although my bag was heavy with many books.
On the other day, I was finally able to went to Pebbles Books which opened at the last winter.




It's so elegantly shop. The owner of this shop has a good balanced feeling. His shelf were prepared
with his choosy literatures, essays, cooking books and picture books. But his selected books was not self-satisfied. I felt his consideration for the local area.
Although many magazines, comics and train time tables were arrived on his shelf, they were not confused there.
On that time I bought 3 books. Before that, as I bought coffee beaes at "karta coffee" which was the nearby coffee roaster, my bag was heavy. But my heart was good condition.




By the way, I finished reading these books nominated on "Honya Taisho" which selected by staffs working on the book shop in Japan.
Both novels were good. Kotaro Isaka and Tomihiko Morimi are my favorite writers.





Coincidentally, Koishikawa area in Tokyo appeared in this Morimi's novel. I was surprised.
(Pebbles books and karta coffee are located at Koishikawa).



コメント

気に入った本が手に入った時の、あの何とも言えない充実感はたまりませんよね。。。

みーまる 2019年02月08日

素敵なひとときですね

Kyo 2019年02月08日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 ソイラテandお返事
新着
新着 Happy Valentine💕💕💕
新着 怪談は夏向き