「モダン美人誕生」展@ポーラ美術館

年に数回行くのが箱根神社。

我が家からは箱根は比較的近いエリアなので、いつもサッと日帰りで行ってくる場所でもある。
温泉に入ったり宿泊したり豪華なご飯を堪能したりすることもないけれど、それでも充分楽しめるのが箱根の良いところだ。どうしても湯に入りたければ日帰り温泉も足湯もたくさんある。

毎度のお気に入りコースは神社と美術館。
参拝した後はのんびり好きなアートを堪能する。
合間にお気に入りのおやつで休憩もはさみつつ。













ポーラ美術館はいつ来ても本当に素晴らしい場所で、
コレクションの充実度には毎度幸せなため息が出る。
広い庭には豊かな森と彫刻作品が点在し、美術館と森が一体となっている。春夏秋冬いつもそれぞれに美しさと静けさの心地よいバランスが満ちている、お気に入りの場所だ。


さて現在開催中の企画展は「モダン美人誕生 岡田三郎助と近代のよそおい」展。
明治期、日本の洋装化を推し進めるにあたり重要な働きをしていた岡田三郎助という一人の人物を中心に、当時の女性たちの社会進出に伴う服装や化粧、髪型などの変化を追う企画。

容姿を人目に晒すことがタブーとされていた時代の良家の子女たちにまつわるエピソードを読みながら、ポスターや絵画に描かれた彼女たちを一つ一つ見ていく。すると、服装の変化やポスターのレトロな可愛らしさ、その美しさのみならず、絵や道具の中に多くの面白さが残されていることに気づかされる。彼女たちの姿が、たとえ絵だとしても広く世の中に流布することは、当時の衝撃的な事件の一つであった。写真がまたたく間に世界中に配信される(しかもそれが自撮り、SNSなどを通して自らの意思で提示されることも多い)現代からは想像もできないような感覚なのだろう。それもたかが100〜150年くらい前の話である。そんな太古の昔ではない。
明治期の服装や描かれる女性像の変化、洋画と日本画がそれぞれに歩んだ新しい挑戦も感じながら見て行くと、嵐のような変化の波が感じられる。昨今、世の中の変化のスピードが速くなったなどという話もあるが、実はその時その時で怒涛のような変化はあったのかもしれない。私たち現代人が感じている今のどんどん変わり行く世界への感覚と、明治の人たちが心に抱いた気持ちは、もしかしたらそれほど変わらない衝撃度なのかもしれない。

かの有名なココ・シャネルが女性のパンツスタイルを提案したり、ショルダー式のポーチを作り両手が塞がらないようにしたりと、それまでの女性の服装を大改革したことは女性の社会進出と無縁ではないだろう。

社会における役割が変われば自ずと纏うべきものや在り方そのものも変わっていく。
明治のモダンガール、モダン美人たちも、そんな中から生まれてきた新しい風だったのだろう。

今回新たに出会った画家の中で、
榎本千花俊の作品《口紅を描く》《池畔春興》の2点がとても魅力的だった。


参考ページ「しまねバーチャルミュージアム」

http://www.v-museum.pref.shimane.jp/special/gran/index.ph...


所蔵先は島根県立石見美術館で、今回のポーラ美術館での展示のために短期の期間限定で貸し出しされている。
(今回の展示でご覧になりたい方は、公開期間をポーラ美術館のサイトでご確認ください。今月中にはこの作品は展示が終わるはずです。)


日本画の潤いと透明感のある美しさが溢れ出る作品。
かの鏑木清方のもとで学んだことがあるというのも納得させられる。




これらの作品が堪能できる「モダン美人誕生」展の詳細はこちら。

http://www.polamuseum.or.jp/sp/jmb/












We went to Hakone Shrine where we played about our health and job in several times a year.






Hakone is known for having many good hot springs, Hakone Ekiden, Ashino Lake and this shrine. It's a sight seeing place. Many people come here, not only domestic tourists.
As Hakone area is near to our home town, we can go there by day trip.
Hakoke take us many plans to spend your relaxation time. You can also take a hot spring in your day trip.
We go our favorite museum after the shrine.

We went to POLA Museum of Art.
The Museum's collection works which were collected around paintings by impressionists like Monet, Renoir and other same period artists like Foujita, Picasso and Bonnard. They had new collections by Pierre Alechinsky's paintings drawn in 2018!They are developing their high quality collection.

Now they presents an exhibition about Saburosuke Okada and their contemporary Meiji Era titled "



http://www.polamuseum.or.jp/sp/jmb/


150 years ago in Japan, Meiji was started and many traditional habits were changed by Japanese government toward Western-style.
In this exhibition, Clothes and make-up items for women were focused and introduced about traditional thought about women between Japanese people on that era.
Women were not permitted to show their appearances to other than their family.
Of course they couldn't play as model for painting or shooting some photos. But Meiji Era had come. Their style had big change and they were adopted on the poster for the famous department like Mitsukoshi. And their cloths were changed from traditional Kimono to dresses. I supposed that they felt confusion about many new things such as storm. We had a long time until this era. We
couldn't image about the impact in their hearts.

Women's roles in their society was changed.
Accordingly, they needed to change their styles.

Coco Chanel presented many new styles through the women's new position in their society.
Her bags, jackets, bottoms(not long dresses) were inherited to our fashions. She was needed by New Era women.
"Modern Girl" were also prodeced by Meiji Era.



In this exhibition, I found our favorite painting by Chikatoshi Enomoto who was a painter in Japanese style using traditional mineral pigments.

http://www.v-museum.pref.shimane.jp/special/gran/index.ph...

He was a disciple of Kiyokata Kaburaki who was one of the famous painter in Japanese style.
They used the cleary color with sheer touched painting like the watercolor painting.
Although it had pale color, it was strong impressed and told us many stories.
I like Kiyokata Kaburaki, and also Enomoto.


This exhibition is held until March.
Please check it in the official web page.




http://www.polamuseum.or.jp/sp/jmb/







コメント

箱根、素敵ですね
箱根と言えば大涌谷の黒玉子を真っ先に思い浮かべる自分です

Kyo 2019年01月08日

お気に入りの場所で、素敵な時間を過ごしたなんて、本当に幸せですね。。。

みーまる 2019年01月08日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 鏡とカメラとモデルさん🐾
新着 古いもの
ダーニング
おへんじ