美しい黄色





透き通った青空の下、蠟梅が輝いていた。

優しい日差しの昼過ぎには、とんがった寒さが少しだけ和らぐ。

今日あたりはまだお正月休みの人も多いのか、神社の近くの人の多さは昨日とさほど変わりないように感じられる。

とはいえ2019年の平日が始まったのも事実で、
ごみ収集はつつがなく再開され、
今日、明日あたりから営業を始めるお店も多い様子だ。

okeba galleryでの新年最初の展示「丹羽健一郎個展 スパイシー」に立ち寄り、パン屋さんや古道具、文具やさんで買い物をし、
欲張って茅ヶ崎市美術館にも寄ってきた。

茅ヶ崎市美術館での展示「現代版画の可能性」展は実は去年も来ているので2回目の鑑賞。


1度目に来た時には好きな作品が撮影不可だったのだが、今回行ったら撮影可能になっていた。
その作品というのが

馬渕録太郎さんと馬渕聖さんの作品。

二人は親子で、二人とも版画家になったわけなのだが、お父様の録太郎さんの方がかなりの御長寿で102歳で生涯を閉じられ、なんとそのたった2年後にはご子息の聖さんも亡くなってしまうという、親子ながら二人で共に版画の世界を駆け抜けた作家さんたちなのである。

二人の画風はかなり異なるものの、どちらも魅力的で印象的な作品を残されている。

晩年は茅ヶ崎で暮らされていたようで、この土地に所縁のある作家親子でもある。


録太郎さんの細かい技巧と力強さの共存は、小さい画面からでも大きな存在感を感じさせ、
聖さんの特に果物を扱った作品は、色使いと極端に太く仕上げた輪郭線のバランスが心地よい。


いくつか本を開いた状態でケース内に展示されていた作家の文書もあれこれと面白く、古い美術雑誌などに寄稿された文をもっと読んでいくと楽しいかもしれないと思い、美術館に併設された図書館をいくつか具体的に頭の中に思い浮かべてしまった。

大学生時代、あれほど図書館で資料をひっくりかえしているのが大変に感じていたのに、研究のための研究ではなく、本当に知りたいことを調べてみようという気持ちになっただけで、こんなにもモチベーションが変わるものかと、ぽかんともしてしまう。

よく考えれば学生時代よりも今の方がずっと「勉強」しているかもしれない。何してたんだかなあ学生の頃の自分よ。


夜は国道側から江ノ島のライトアップを眺め、そんな時期(クリスマスからバレンタイン頃までライトアップしています https://enoshima-seacandle.com/ あ、チューリップもあるね)だなと思い出す。もう少し寒くない頃に行こうと思ったのだが、例年通りならば1月以降の寒さは生易しくはなく、そうこうしている間にライトアップも終わっちゃうんだよ、とも思うので近々意を決して行ってこようかと思う。


今年のお正月。

人混みに挫折して、おみくじは、まだひけていない。




↑馬渕録太郎 作品
Rokutaro Mabuchi





↑馬渕聖 作品
Toru Mabuchi





I found a fragrant winter sweet which yellow flowers were blooming under the cleary blue sky.
It's cold day but the sun gave me a little calmness with these beautiful flowers.

Many people seems to take their new year's holidays even today although it was a weekdays according to the calender.

But some of the administration systems like the rubbish disposal service are starting again on today's morning, and some shops are picking up on their usual operations too.

So, I went to some exhibitions.
I saw Kenichiro Niwa's pottery exhibition, and I bought some breads,used books, letter papers and post card at "okeba gallery", and I went to Chigasaki City Museum of Art.
This is the second time I've come this museum exhibition.
Many good works by Rokutaro and Toru Mabuchi who are father and his son are on display in this show. These are wood block prints.
They are expressing on the papers by their high technique.

As I saw some magazines written by artists, I wanted to read some texts about art works and their life.
When I was a university student, it's hard to investigate for my study. But now, I want to read and study about art, music and other things.
Oh, what I did at the past days...?
Perhaps, I might study hard more than I was a university student.

In the winter events, it hold the lightning night shows in many tourist places and public squares.
Enoshima was also turned on many lights with many colored electric bulb(maybe they use LED).
Wind was strong, and it's so cold night.
I couldn't go there yet. But I have to go as early as possible.


On this our new years holidays...

We had not be able to pick a written oracle paper named "Omikuji" yet because there were many many people too much...

コメント

綺麗な花ですね。

taka 2019年01月06日

今日は、いつもと違う図書館に行き(私の住むエリアには、市営の図書館が4か所あります)、いつもと違う本を眺めてきて、以前に読むのを挫折してしまった本に、再度チャレンジすることにしました。さて、今回は、果たして、貸出期間中に読めるのだろうか。。。

みーまる 2019年01月05日

もう梅が咲いてるんですね
こちらはまだつぼみにもなってません。

Kyo 2019年01月04日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

11月24日はスマーク伊勢崎さんへ!
湘南モーニング🐶🐾
奇蹟の芸術都市バルセロナ展 音声ガイド in 札幌芸術の森