年末年始の日本美術鑑賞


今回の年末年始、お店などで1月3日までお休みになるところが増えて来ているようで、日本人が働き方についていろいろと真剣に考え、価値観が変わってきていることを実感する今日この頃です。
一方休まず営業をしているところもあり。
誰かに無理して合わせたり、みんながやるから仕方なく、などではなく、それぞれが、それぞれに合ったスタイルを見つけ始めようとしている、そんな社会の空気の反映なのかもしれませんね。

美術館も年末年始休まず開館しているところもあったり、お正月企画があるところもちらほら。
やはりアートのお正月企画は、日本にちなんだものが多いようです。

私自身、今から楽しみにしている来年の展示も盛りだくさん。1月からあれもこれも、行けるといいなあと、計画中です。


お正月休みということで、普段ほとんど美術館に行くことがないけれどせっかくの休みだし行ってみようかなという方もいらっしゃることでしょう。
お正月だし、何か有名な日本画などを観るのもいいかなあ、なんて気分にもなりますね。

とはいえ、日本美術、というと、なんだか難しそうだと身構えてしまうかもしれません。

そんな時!おすすめなのは、行 く予定の美術館のウェブサイトチェック👆🏻
実は美術館のウェブサイトは、開催の展示内容についての詳しい解説が充実しているんです。

例えば来年1月2日からスタートする
東京国立博物館の企画展
「博物館に初詣」では
https://www.tnm.jp/modules/r_event/index.php?controller=d...


長谷川等伯の国宝 《松林図屏風》が展示されます。
この作品についても

https://www.tnm.jp/modules/r_exhibition/index.php?control...

こんな風に、ウェブサイトにもしっかりと解説が掲載されているのです。




また山種美術館の展示も貴重な作品が揃う企画展が開催中。
http://www.yamatane-museum.jp/exh/2018/koushitsu.html



千葉市美術館のコレクションも、大変素晴らしい日本美術が充実していて、いつも常設展コーナーもとても楽しみなのです。
http://www.ccma-net.jp/

年末は企画展の石井林響展を観に行ったのですが、その時の同時開催で、橋本関雪の作品をコレクションコーナーで観ることが出来、その素晴らしさに見惚れてしまいました。
なんとかして白沙村荘 橋本関雪記念館 (http://www.hakusasonso.jp/ )に行くチャンスはないものかと狙いたくなった次第です。


記念館系で言えば鎌倉駅からも近い
鎌倉市鏑木清方記念美術館 (http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/exhibition)
こちらも4日が新年最初の開館日のようですが、
http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/exhibition/h30_ki...
初詣の帰りにも立ち寄ることのできる場所で、日本美術を味わうことができます。
鏑木清方の画室も再現されていて、こじんまりとした場所ながらも魅力にあふれた素敵な美術館です。


と、挙げていけばきりがないのですが、
このように、美術館のウェブサイトには
展示の日時や入場料、アクセス方法だけではなく、
作品について分かりやすく説明されている場合が多いのです。

事前にちらっとでも目を通してから会場に行くと、
よりスムーズに展示内容や作品の世界に入り込みやすくなるかと思います。


また、もう少し時間にゆとりがある方は
何か1冊、関連本を読んでから観に行かれると、より一層、鑑賞が面白くなることでしょう。
と言っても、堅苦しい、日本美術なんちゃら全集みたいなものを開く必要はありません。ほんの少しの取っ掛かりがあるだけで良いんです。それだけでもかなり日本美術への距離を縮めた上で、美術館へ行くことが出来ると思います。

例えば私が最近読んだ面白かった本は

山下裕二さんと橋本麻里さんのお二人による対談形式の本『驚くべき日本美術』(集英社)

対談形式なので平易な日本語で書かれていますし、
読みやすく、くすっと笑える部分もあったり、
日本美術初心者でもかなり楽しく読み終えることが出来る一冊だと思いますし、読み終えたらきっと日本美術を美術館に観に行きたくなると思います。



と、あれこれごちゃごちゃ長たらしく書きましたが、

とにもかくにも

国宝《松林図屏風》は
何度観ても美しく、何度も観たくなる大好きな作品なので、どれか1つだけおススメして!となると、
東京国立博物館に行くべし
という独断と偏見による個人的な推薦と相成りまする😉

でもさらに言うならば、美術館に行ったら、
「誰かが良いと言っていたから」なんてつまらないことは全部無視して、
ただ観て、好きなものを宝探しゲームのように見つけてみよう!という気持ちで観るのも良いかと思います。

鑑賞力があるだのないだのという話も見かけることがありますが、そんなことは気にせず、とりあえず見方は自由でいいんだと私は思います。
もちろん、美術史について勉強したいとか、その道を大学で研究したいとか、美術史家を目指しているとか、研究者として論文を出したいとか、そういうことになれば話は違ってくるかとは思いますが。

「素敵だな」「好きだな」「きれいだな」「かっこいいな」と感じる作品を発見すること。
そしてもし更に深く「鑑賞」したくなったら、自分がなぜその作品を良いと思うのか理由を考えてみること、ここが大切なことなように思います。

自分がいいと思った、その気持ちに自信を持つこと。
これはとても難しく勇気のいることでもあります。
もし、何か好きな作品が見つかったら、誰か(具体的な対象の人がいなくても構いません、心の中だけででもいいし、SNS発信などでもいいでしょう)にその良さを自分の言葉で説明してください。「こんなところが好き」「こんなところが魅力的だった!」と誰かに説明しなければいけないと考えた時、きっと以前よりも作品を真剣に観ることでしょう。それは結果的に自分自身の心と向き合い、自分の思考回路を客観視することにもなります。

もしかしたら著名な美術史家たちも見落としてしまっているような隠れた魅力があなたの心と目によって発掘されるかもしれません。
長らく美術史上無名だった作家が数百年後に誰かによって再発見され評価が高まる、なんてこともこれまでにも何度も起きてきた事実です(再評価、なんて言われたりします)。
あなたが美しいと思ったもの。それが紛れもなく、あなたにとっての真実です。











According to some newspapers, the number of stores and restaurants which will take their closing days in this New Year's Holidays are increasing tendency. In those years, many shops opened their stores in spite of the first day of the year!! It might be a hard work for many store crews and owners... But recently many Japanese people think about their life and work in their happy life. It's good for all of us to be able to think about it.

In such a tendency, some museum will open during these Holidays. Many Japanese museum present many great Japanese traditional art works including the National Treasure.

like those

Tokyo National Museum
https://www.tnm.jp/modules/r_event/index.php?controller=d...


Yamatane Museum
http://www.yamatane-museum.jp/exh/2018/koushitsu.html

Chiba City Museum of Art
http://www.ccma-net.jp/

Kiyokata Kaburaki's memorial museum in Kamakura City
http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/exhibition/h30_ki...


Even if you are not familiar with the traditional Japanese art, please go and see many works and find out your favorite work.
It's truth in your heart even though your opinions are not the same with many famouse professors one. Please trust your heart although it's so difficult. You will find your heart through many art works.

コメント

美術に触れるのが好きなまりちゃんらしいね!(*^^*)

正月から日本の文化に触れられるって情緒があって良いですね!(*^^*)

前のお仕事時に美術系を担当してたから色々美術館廻ったり色々な文化に触れてきたからまりちゃんの気持ちもよくわかりますね!

たくさんの人達がそういう文化に触れてくれると良いですね!

うちの近くだと版画美術館があるから良かったら行ってみてね!(*^^*)

醤油らーめん 2018年12月31日

最近は働き方改革という言葉もあり、有意義な働き方が推奨されてるみたいですが、自分の一生をほぼ仕事に打ち込んでこられた方々にはなかなか受け入れられない様子です。
趣味が仕事という方もいて、仕事がなくなると何をすればいいか迷うそうです。
芸術鑑賞を趣味にしようと思ってる方には麻里さんのアドバイスは的確だと思います。来年もお互い頑張っていきましょう。

Kyo 2018年12月31日

今回も、ついつい熱く語ってしまった、まりさんですね。でも、そんなところが、まりさんらしくて、とっても魅力的ですね(笑)。

みーまる 2018年12月30日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 ラオスのコーヒー☕️
メガネとなかよし
白湯
ベルリン