コーヒーとともに☕️

コーヒー好きな我が家にはとても嬉しいことに、
私達の周りには丁寧な焙煎をして、細やかな販売を続けているコーヒーロースターが何人かいる。

大量に流通しているものも、すぐに気軽に手に入るので便利なのだけれど、いつもなるべく「顔の見える」コーヒーを飲みたいなと思う。

それは、コーヒー豆を挽いて、ゆっくりとハンドドリップ する時間に、コーヒー+アルファの幸せが感じられるから。

そのコーヒー豆が生まれた土地、その国について想像しながら、1杯のコーヒーを飲む。
物によっては誰の農園で作られたものかインターネットで写真入りで紹介されているものもあるため、より具体的に空想を巡らせることができる豆もある。
そして日本で焙煎してくれたそれぞれの人たちのことも思い浮かべながら。


そんなコーヒーロースターの中の1人が、恐ろしく忙しい中、自分で焙煎したコーヒーをプレゼントしてくれた。手に渡してくれた時点で昨日焙煎したばかりというほやほやの豆。つまりその日に渡すためにわざわざ焙煎してくれたということだ。自宅で数日落ち着かせてから、開封してみることにする。今から楽しみだ。

ちなみにその知り合いがどれくらい忙しかったかというと、締め切りがある仕事上の提出物が、次の出張直前に3つ4つ同時に襲い掛かるという、それはそれはもう冗談かと思うようなめまぐるしさだったのだ。一体いつ寝ていたんだろう。私だったらそんなタイミングで誰かのためにプレゼント用のものを手作りする余裕なんて、きっとない。「あわてんぼうのサンタクロース」が、心のこもったコーヒーを背負ってやってきた感じだ。
忙しいのにお気遣いを本当にありがとう。



そしてそのコーヒー豆がラッピングされていた紙が、なんとも魅力的だった。
頂いた時はいろんな話もしながらだったから、話の方に夢中になりつい紙質にまで気がついて話題にできなかったのだけれど、
帰宅してから開封しようとして、その何ともいえないしっとりとした美しい紙に触れ、さりげないラッピングを丁寧な気持ちでしてくれたんだと気付かされる。

慌てて知り合いに連絡し、その紙がとても素敵だということと、何かに活用したくて封筒を作ってみたことを伝える。

和紙だというその紙は、洋風和風どちらのものにもしっくり来るエレガントな紙だった。



私自身が大切にしたいと思っている日々の要素について、その知り合いは再確認させてくれた。

振り返ってみれば2018年は、本当に大切なものは何かについて、自分と近い価値観を持つ人にたくさん出会えた年だった。


ありがとう2018年。

(まだ1週間以上あるけどねー!😆✨)








We have many good friends who can roast coffee by their hands. As we love coffee, this situation gives us pleasing days.
Although many coffee beans circulate in many supermarkets as convenience goods, we want to buy them along with the coffee and roasters' stories and their smiles.
Because I can taste good coffee with something happiness by their coffee.

I imagine the land and the county where the coffee was born with having a cup of coffee.
If their farms have web site, you can know about them concretely.
And needless to say, I imagine each roasters' face too with the aroma of coffee.

One of the roaster gave me the new beans in spite of the fact that he had to finish his works which the deadline for them were before his next business tirp. It was too tight to do anything besides his these works.
Thank you so much! I appreciate his consideration.
And a paper which he used for decorating his roasted coffee was so elegantly. When I received this present, we talked each other many things. I couldn't find his nice selection about this paper then and there.
After I got home, I found this good taste.
And I send a message to him about this beautiful paper. I made some envelopes with this "Washi" (Japanese traditional paper).

I reconfirmed my important things on my life with his gift and words.
I realized that I could meet some wonderful people who had the same values about our life on this year.

Thank you!2018👍✨👍✨





↑ウィルさんも気になるステキな和紙

コメント

コーヒー豆を挽く、お湯を沸かす、フィルターなどをセットする、お湯を少量入れて蒸らす、などなど手間のかかるレギュラーコーヒーですが、
手間を手間と感じない余裕をもちたいですね。

町田の快速急行 2018年12月23日

お知り合いの丁寧なお仕事、本当に良かったですね。また、私は、最近、自宅で挽いて飲めるコーヒーメ―カーが欲しいと思い、いろいろなところを巡っています。でも、使いやすさ等を考えて、突き詰めていくと、なかなか好みのものには出会えませんね(笑)。

みーまる 2018年12月22日

ドリッパーの中のコーヒーにお湯を入れる、急須にお湯を注ぐ、抹茶が入れられた茶碗にお湯を注ぐ。
その瞬間って、何か期待しているような感覚になるんですよね。

いつもどうりに、下からコーヒーが滴る、お茶がはいる、茶筅で撹拌する。

いつもどおりなんですけど、何かを期待しているんですよね。

taka 2018年12月21日

自分だけのとくべつなコーヒーって嬉しいですよね
いいなあ、香りもとってもいいんでしょうね

Kyo 2018年12月21日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 おへんじ
新着 『ニムロッド』
ラオスのコーヒー☕️
メガネとなかよし