写真展もあちこち

写真家さんによる展示もいくつか行ってきたので
ここらでまとめて、、、(溜めすぎですよわたし)

Zen Foto Galleryへ
家の仕事でお遣いに行ったらちょうど
広瀬耕平さんの個展が開催中
「欲視録」

http://www.zen-foto.jp/web/html/exhibition-current.html

壁も大きく使った展示。

Zen Fotoでの展示は終わってしまいましたが今月末の代官山フォトフェアに作品出展予定があるようです👍

http://www.zen-foto.jp/web/html/exhibition-next.html



事務所に行った帰りに寄ったのは

アキオナガサワ 青山

森山大道さんの個展「宇和島」

http://www.akionagasawa.com/jp/

こちらは今週のVOGUE FASHION'S NIGHT OUTと連動してオープン時間がいつもより延長される日もあるようです✨👍
普段は時間の都合が合わない!と思っていた方もここはチャンス😊


同じく表参道にあるスパイラルガーデンでは
澁谷征司さんの写真展"Do you know where you are?"が
スパイラルの奥にある螺旋階段のところで床面に置くインスタレーションをやっていて、





ぐるぐる階段を回って登りながら覗き込むようにして作品を見るのが面白かったり。






そして

最近行けず終いだったのですが、なんとか間に合って行くことができたオープニングレセプションは

キドプレスさんでのオノデラユキさんの展示。
「窓という装置をめぐって」
http://www.kidopress.com/





この日はオノデラユキさんご本人による1時間ほどのトークもあって、行って良かった!!







オノデラユキさんはフランスで活躍する日本人の写真家で、小さくて華奢なオノデラユキさんご本人からは想像もつかないような、すごい熱量で作品を生み出し続けている世界的写真家さんです。
今回は、写真のプリントの展示とともに、キドプレスさんで作られた版画作品が並びました。

もちろん写真のプリント作品も素敵なのですが、

このキドプレスさんの版画がですね、
また素晴らしく美しいんですよ。

版画はとにかく「刷り」が本当に本当に大切なのだと、様々な版画作品をみてつくづく思うのですが

キドさんの刷りは、惚れ惚れするような緻密さと美しさで、
友達に「現代アーティストの版画の作品を買いたいんだけど、なんか良いの知らない?」と言われたら
「とりあえずキドプレスさんに行け!!」と全力で言うなあと思うほどです。
わたしは版画の専門家ではないので、これはあくまでも個人的な感想としてですが。気がつけば我が家にある版画作品は作家ご本人が刷ったもの以外は全てキドプレスさんのものでしたとさ。

オノデラユキさんの代表的なイメージの一つである古着の写真とキドプレスさんの刷りによる最高のコラボ。

ちなみにこの被写体となっている古着は、もともと世界的現代アーティストのクリスチャン・ボルタンスキーが古着を使ったインスタレーション展示をした時に使われていたものだとか。
その展示では来場者が10フラン支払えば、ボルタンスキーの名前がついた袋が手渡されて、その場にある古着を詰め放題で好きなだけ持ち帰っていいよ、という内容だったそうです。
オノデラユキさんもこの展示に行き、古着を持ち帰り、そして撮影したという、様々な人の手によるストーリーの重なりが面白い作品でもあります。
今回はそういう意味では最も重なったバージョン。

もともとの古着の持ち主

クリスチャン・ボルタンスキー

オノデラユキ

木戸均(キドプレス)

となりましたね。








オノデラユキさんはこれから海外で8メートルにもなる作品を展示する予定があったり、今後もますます活動を広げていかれるようで、新たな作品も楽しみです。



と、そんなこんなで
写真家さんたちの展示関係はこんな感じでした。
写真を使った、という意味では原美術館での小瀬村真美さんの展示も行ってきたり、
写真と見紛うような絵画の戸泉恵徳さんの展示も行ったりしたのですが、
この1ページに写真が載せきれないので次回書きます。
他にも観たいものがいろいろある〜
ひとまずまとめ

アート鑑賞
2018年の161件目、174件目、179件目、181件目
8月の14件目、9月の11件目、9月の16件目、9月の18件目
で行ってきところでした😊


I went some photographers' exhibitions in Tokyo.

Kohei Hirose's solo exhibition at Zen Foto Gallery,
Daido Moriyama's solo exhibition at Akio Nagasawa(Aoyama),

And photo and photogravure exhibition by Yuki Onodera at KIDO Press was very nice show.
As I went the opening reception of this show, I could attend her artist talk.
Yuki Onodera was powerful artist,but you might be unimaginable from only her little and slim body.
She throws her passion to this world gently.

And her photogravure printed by Hitoshi Kido(KIDO Press) were very beautiful works!!
I love Mr. KIDO's pints.
Yuki Onodera explained about these photogravure
that these used clothes were a part of the installation by Christian Boltanski who was a
famouse contemporary artist in France.






Yuki Onodera will show very big work (about 8m!).
I'm looking forward to her new works!


#広瀬耕平 さん
#森山大道 さん
#オノデラユキ さん
#禅フォトギャラリー
#アキオナガサワギャラリー
#キドプレス
#photogravure
#photo
#exhibition
#zenfotogallery
#akionagasawa
#kidopress






コメント📝

takaさん
みーまるさん
Kyoさん

コメントありがとうございます😊

takaさん
草間さんの作品はそれはそれはもう、部屋中が黄色くて、黒のドットで埋め尽くされ、さらには鏡で何倍の数にも感じられる黄色と黒のカボチャが見られる仕掛けもあったり。
ベンチも黄色に黒ドットで、展示室の入口はやや重い引き戸だったのですが、禁断の扉を開けてしまった気分でした😆
彼女の作品はとにかくパワーがすごいですから、なかなか他の人と似た雰囲気とはいきませんね😅


みーまるさん
そうなんです、実は群馬にも。スケールが大きく、心地よい場所でしたよ。
品川は雰囲気がいいですよね。
トミオカホワイト美術館!調べました!いいですね〜。白がほんとうに美しい作家さんですね。初めて知りました。情報ありがとうございます!ネットで画像をみていたら、雪の日の外観などもあって、行くのが大変そうだけれどあえて雪の季節にというのも魅力的だなと思いました。
先日知り合いがわざわざ雪の深い年始に青森県立美術館に行ったと言っていて、なんでまたそんな時に行くの?!と呆れたのですが、写真を見せてもらって納得。雪の日はそれはそれで美しいのですね。
北国育ちだとついつい、雪の日の遠出、移動はなるべく避ける、と思ってしまいがちです。

Kyoさん
朝起きて、思い付きで、っていうのも良いものですよね。
それにしてもそのまま富士山までとは!!
それはびっくり〜富士山に行ける体づくりが普段からできているのが、素晴らしすぎます!さすがです!
でもそう考えて行くと、いつでも好きなタイミングで好きなことができるようにするために、健康に気をつける、という理由で体づくりをするのもいいですね。
その方がもしかしたら、細かい具体的な目標がなくても、日々少しずつ継続的に健康に気を配れるものかもしれませんね。

コメント

写真といえば、機会があれば、その道の方である、旦那さんと行くと、きっと更に勉強になりますよね。このような面で言えば、普通の人とは異なり、まりさんは、とっても恵まれていると思いますよ(笑)。

みーまる 2018年09月14日

写真と版画ですか。とても描写が素晴らしいですね。
日本人は写真好きだけどなかなか芸術的描写は難しいですよね。

Kyo 2018年09月14日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 コーヒーと玄米と1点もののスカート💕
新着 つづきのつづき
新着 茅ヶ崎市美術館「小原古邨展」
フードドライヤー