金沢21世紀美術館

コメント📝

Kyoさん
なみへいオヤジさん
まーみるさん
takaさん
醤油らーめんさん

コメントありがとうございます😊


Kyoさん
プラネタリウムもいつか挑戦したいです!!
今回は宇宙にまつわる記者会見のお仕事。プレス発表会とも言われたりしている、ニュースにながれるやつですね。そのMCをさせていただきました。すごく楽しくて、ワクワクしましたよ!
中谷宇吉郎雪の科学館はほんとうに素敵な場所でした。観光地ど真ん中にあるわけではないので、少し遠いかなとも思いますが、わざわざ行ってほんとうに良かった!と思いました。


なみへいオヤジさん
JAXAの配信があったんですね!
さすが宇宙の研究をする最先端の方々ですね👍😊


まーみるさん
今回、前々から行きたかった場所にあちこち行くことができましたよ!
中谷宇吉郎雪の科学館は、行くことができて、本当に良かった🤗💕
宇宙のお仕事はすごく楽しかったです!お仕事をいただけて本当に感謝です!小さい頃から星が大好きだった、その気持ちも少し思い出しました。日々進歩する宇宙の研究。これからもしっかり注目して行きたいです。



takaさん
もうほんっとに、びっくりしました!ダイヤモンドダスト💎それ以外のネーミングは無い!!っていうものですね、あれは。小さな箱の中での実験なので、すごく小さな範囲で見たのですが、それでもこの世の現象とは思えないくらい美しかったです。
いつか自然の中でも見てみたい!きっと見たら、泣いてしまうくらい感動すると思います。あ、泣いたら凍るかな😅?!
はやぶさ2、着きましたね〜!!!これからさらに楽しみ!今回の私は宇宙に関連したプレス発表会のMCでした。すごく楽しかったです!会見でももちろんはやぶさ2の話、リュウグウの具体的な話もたくさん出てきました。宇宙関連のお仕事をいただけて本当に感謝です!これからも注目していきます👍✨



醤油らーめんさん
えーーーーー!!!!醤油らーめんさん!
はやぶさの時、プレート、参加してたんですかあ!!!すごい。
今回もあったんですね。
夢があっていいですよね😍
今回は宇宙関連のプレス発表会MCでした。すっごく楽しかった!!




さてさて















大好きな美術館の一つ
金沢21世紀美術館にも
もちろん行ってきました。
前回来た時は池田学展をやっていましたが

今回は

「アイ・チョー・クリスティン 霊性と寓意」

"Ay Tjoe Christine : Spirituality and Allegory"

インドネシアの西ジャワ州バンドン出身の、
インドネシアで活躍する現代アーティストで
日本の美術館での展示は今回が初めてだとか。

金沢21世紀美術館の展示室は天井も高く空間も広く、
個展でこの空間を満たすのは結構それだけでもすごいことだよなあと、前回も思っていたのですが、
高い展示を存分に活かし切った
《Lama Sabakhtani》という2010年の作品はかなり迫力がありました。

過去にテキスタイルデザイナーとして活躍していた時期もあるようで、そう言われて見れば、なるほどと思うような絵画も。
色鮮やかな絵の具が踊る中にも、どこか女性のふわりと舞うスカートの裾や巻きつけたスカーフのようなイメージもあったり。
叩きつけているかのようにみせかけて実はとっても繊細な絵画作品が並んでいたように感じました。

そしてここ金沢21世紀美術館といえば
常設展示も見逃せない!

昨年来た時よりもいろんなものを1年で観てきた上で、もう一度ここの常設展示作品に向かいあうと、じわじわと更なる面白さがこみ上げて来ます。

今年のアートバーゼル香港や去年の横浜トリエンナーレで作品を目の当たりにしたオラファー・エリアソンの《カラー・アクティヴィティ・ハウス》

屋外展示でチケットがなくても自由に入ることができるお庭に設置されています。

この作品の昼間のイメージが強かったので
あれ?これがオラファー・エリアソン?と思ったけれど、
夜に近づいて見たら
ああ、こりゃ間違いなく、オラファー・エリアソンでしたね!
と思いました。






強い光
重なり合う色






この作品は昼も夜も両方見たほうが楽しめる作品かも!

その隣の

フェルナンド・ロメロの作品《ラッピング》の中に入ってラッピングされてみる。
ジャングルジムみたいね😆




中にも入ることができる作品です。






フェルナンド・ロメロの穴からのオラファー・エリアソ〜ン!







さて今回私たちが特に観たいと思っていたのはチケットが必要な屋内の常設展示作品
アニッシュ・カプーアの《L' Origine du monde》

大きな薄暗い部屋に
斜めの壁があり、
黒い楕円が描かれています。

この楕円に吸い込まれそうになる。

じっと観て
腰掛けて観て
他の作品を観てから最後にもう一度戻って観て。

アニッシュ・カプーアの作り上げたこの
全ての空気が吸い込まれて、周りが止まるかのような緊張感と静寂と、そこを超えた後にじわりと来る何とも言えない癒しのようなフラットさ。

乱暴に言ってしまえば
壁を斜めにしてそこに黒い楕円を描いただけ、なんでしょうけれど
その圧倒的な存在感に

参りました

と言わずにはいられないのです。


https://www.scaithebathhouse.com/ja/projects/anish_kapoor...

↑実際の展示室に入ってみた体感としてはもっと暗いお部屋です。


アニッシュ・カプーアは今年の秋に大分で大きな展示をするようなので、すごく楽しみ!観に行きたい!!



このアニッシュ・カプーアが闇と静寂から生まれる光
とするならば

対局とも言えるのが
同じく常設展示のジェームズ・タレルの作品《ブルー・プラネット・スカイ》

お部屋の天井に四角い穴が空いているんです。
香りも外の空気の香りが満ち満ちています。

雨が降れば、まあ、雨でしょうね。そりゃ穴が空いてるわけですからね。
キラキラな昼間の青空ならば青の四角。
月が見える時もあるのかなあ


相変わらず魅力たっぷりな金沢21世紀美術館
夜間開館されている時間帯に行ったので空いていましたが、昼間はかなり混雑しているみたいです。開館以来、いまだ衰えぬ人気っぷり。嫌煙されがちな現代アートばかりを扱う美術館でこの動員数は、なかなか、すごいですよね!
図書資料室も美術の書籍が充実しているんですよー。近所に住んでたら間違いなく毎日のように通うな。


去年も観たはずの作品たちが
違って見える。
変わったのは、作品ではなく、私の方。

毎日の連続だと成長したこととか、勉強の成果とか、大人になると点数化された達成度のモノサシも減るから、分かりづらい。
けれどたまにこうして、
「あ、1年で勉強したことがちゃんと積み重なってきているな」
と体感できると、また頑張ろうって思えるね。





というわけで
アート鑑賞
2018年の141件目
6月の14件目
でした。


#金沢21世紀美術館
#現代アート
#アイチョークリスティン
#霊性と寓意
#オラファーエリアソン
#アニッシュカプーア
#ジェームズタレル
#フェルナンドロメロ






When we visited Kanazawa, we went to 21st Century Museum of Contemporary Art,Kanazawa too. We love this museum. They have many good works in their collections which are as the permanent collections that we can enjoy any time we go to there.
Now the special exhibition by Ay Tjoe Christine was showing. Her big size works were put in the huge white cube. I felt that her works had sensitive elements although those were sometimes looked as strong things like anger or deeply sad power.
And I felt that many art works which I had seen on this hole year made me grow definitely.
Many permanent collections made by Olafur Eliasson, Anish Kapoor and James Turrell gave me very different emotions. That's My change, not their works. I want to see and study many art works!!




おまけの1枚
レアンドロは相変わらずの大人気

コメント

改めて、こうやって見ますと、まりさんは、本当に、金沢がよく似合っていますね、、、とはいえ、まりさんは、鎌倉の街もよく似合っているので、今後は、「古都の似合うタレント」さんとしても、お仕事がいただけそうですね(^0^)。

ま-みる 2018年06月28日

素敵なアートですね
ちなみに今夜はストロベリームーンだそうですよ

Kyo 2018年06月28日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 朝
新着 落合芳幾の浮世絵とキース・ヘリングと三宅信太郎展
新着 名作は圧倒的に名作だった
新着