中谷宇吉郎 雪の科学館❄️

石川まで行ったら絶対に寄りたいと思っていた場所の一つ

中谷宇吉郎 雪の科学館

行ってきました。


私たちが中谷宇吉郎と中谷芙二子という
科学者と芸術家の父娘に出会ったのは
銀座のエルメスでの展示にて。



「グリーンランド 中谷芙二子 +宇吉郎 」@銀座メゾンエルメスフォーラム
https://beamie.jp/?m=user&a=blog&k=detail&target_c_diary_...


この時からすごくこの父娘について気になっていて
その後、中谷宇吉郎さんの本も少し読んだり

https://beamie.jp/?m=user&a=blog&k=detail&target_c_diary_...

そうこうしているうちに更に気になってきて。


念願叶って行くことが出来ました。
こちらの雪の科学館は建築は磯崎新さんです。
エルメスでの展示の時に、お嬢様と磯崎新さんが話し合って、お父様らしさが出るように作り上げて行ったという話も解説にて見ていたので
その辺りも注目して楽しんできました。







この雪の科学館のブログに少し紹介もありましたが↓
https://yukimus.exblog.jp/20454774/


中庭には
グリーンランドの石。
この石をこのように置くというのも
お嬢様である芙ニ子さんが思う、お父様らしさを伝えるためのことで、磯崎新さんと相談した部分だとのことで。

中谷宇吉郎という素晴らしい研究者が、最後の最後まで、命を削ってまで研究に没頭した場所、グリーンランド。
その石を敷き、そこにお嬢様の代表的なアート作品である霧の彫刻を合わせてあります。












ああ、ここの展示をみてからエルメスでの展覧会を見たらまた違った気持ちになっただろうなあと
記憶の中のエルメスでの展示を何度も引っ張りだして反芻しました。









お二人の経歴などの年代から計算してみると
お父様である宇吉郎さんは
芙二子さんが29歳の頃に亡くなっているようです。

いまや世界的な霧の彫刻家として作品を発表し続ける現代アーティスト、中谷芙二子さん。
はやくに亡くなってしまったお父様へのオマージュ。

私も、主人も
それぞれ父、母をはやくに亡くしているためか、
今は亡き人へのオマージュ、問いかけ、作品を通しての対話というところに込められた切実な想いに
いろいろと胸の奥にズドンとくるものがあり、
しばらくこの中庭に佇んで、いろいろなことを考えさせられました。







中庭を抜けると




お天気が良ければもっと山並みが美しく遠くに見えるらしいのですが
今回は残念。でも気持ちの良い空間が広がり、カフェからも景色と中庭の作品、どちらも堪能できるという贅沢な作りになっていました。



さてさて
中谷宇吉郎の業績を堪能できるこの雪の科学館。
大人が行っても、しっかり楽しめる実験が盛りだくさんなんです!
実験系の博物館、科学館などだと、子供向けもしくは子供と一緒じゃないと参加しても、、、というものもあるかと思うのですが、ここの雪の科学館は、大人の心もガッチリ掴んでくれる、かなり充実した内容の実験です。





1時間に一度あるようなので、行かれる方はぜひ実験にも参加してみてください。ダイヤモンドダストを見られたり、雪の仕組みがわかりやすく解説されていたり。とっても楽しいですよ!



写真が多いので次に続く・・・





We went to the Ukickiro Nakaya Museum of Snow at Kaga city(Ishikawa prefecture, Japan).
I saw an exhibition produced by Fujiko Nakaya who was his daughter. The exhibition at Ginza(Tokyo,Japan) was collaborated with Father and Daughter.
Fujiko Nakaya is an artist known by Engraver of Fog. She can make the Fog artificially. She use this Fog for her expression on the works.
And in this museum, Father and Daughter are making the beautiful works too on the courtyard.
This museum was desined by Arata Isozaki who was a famouse japanese architect. Fujiko Nakaya and Arata Isozaki were discussed to make this museum to be so Ukichiro.
And they used the Greenland's stones in this courtyard with Fujiko's Fog works. That's wonderful place! When we stood in front of this place, it's cloudy and rainy day. But we felt many things from this work in the face of not good condition.
My husband and I were lost each Mother and Father when we were our early twenties. Fujiko was born when Ukichiro was 33 years old, and he died when Fujiko was 29 years old.
If we had visited this museum and studied more about Ukichiro's works. we might feel another something when we saw Fujiko's exhibition at Gixza.
This museum was very interesting place!
We enjoyed some presentations and experiments which we could join.
We studied about Diamond Dust and Snow and Cloud. That's very beautiful and amazing phenomenons.


I want to up load more pictures. See the next page
too!

コメント

いよいよ憧れの場所に行ったのですね。そして、本当によかったですね。。。

ま-みる 2018年06月26日

ダイヤモンドダスト、綺麗だったでしょ😊
逆光が差した時に見られるサンピラーは、感動モノですよ😉

taka 2018年06月26日

素敵なところですね行きたくなりました。
素敵な紹介ありがとうございます

Kyo 2018年06月26日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 朝
新着 落合芳幾の浮世絵とキース・ヘリングと三宅信太郎展
新着 名作は圧倒的に名作だった
新着