篠田桃紅さん個展@サントミューゼ上田市美術館&『一〇三歳になってわかったこと』📘

コメント📝

Kyoさん
醤油らーめんさん
まるみるさん
takaさん

コメントありがとうございます😊

Kyoさん
身近なものから生まれるアートは、その人の一部分がより見えてくるようで面白いですね!
波打ち際っていう表現、素敵です🌊


醤油らーめんさん
舞台素敵でした!もねちゃんも頑張ってましたよね、本番は行けなかったけどブログずっと読んでました!
咲ちゃんには遭遇できなかったけど、お芝居はばっちりかぶりつきで堪能しました!フラワーも咲ちゃんもステキでしたよ💕是非楽しんできてください👍


まるみるさん
なかなか全部行けないのですが、なるべく行きたいなあと思っています。舞台はやっぱり面白いですね!
ダンボールサーファー、ほんと良いんですよ。絶妙なバランスですよね。


takaさん
ダンボールサーファー、そうなんです。
日常のサーフィンシーンならではっていうのがいいですよね。着替えとか、波から落ちてるとことか。浮かんでるだけとか。
いい舞台をみると、本当に満たされますね。
ライブだからこその魅力がありますね😍





さてさて







以前、本を読んだことがきっかけで
素晴らしい現代アーティスト、篠田桃紅さんを知る機会を得たのですが

https://beamie.jp/?m=user&a=blog&k=detail&target_c_diary_...

改めて、この本よりも前に出ていた彼女の著作を読み
そして
個展に行ってきました。

個展の場所は
サントミューゼ上田市美術館
https://www.santomyuze.com/

初めて行く場所でしたが
文化に関連したさまざまな施設が集まる総合施設でした。巨大。





観てきたのはこちら
篠田桃紅 とどめ得ぬもの 墨のいろ心のかたち

http://tsb.jp/shinodatoko/



4月から始まったばかりの展示。
遠いなあ、でも行きたいなあと思っていたら
タイミングよく、ゴールデンウィーク中のお休みを利用して行くことができました。


篠田桃紅さんの実物の作品は
これまでに、アートフェア東京で観ていたのみでしたので、
たくさんの作品を年代を追って観て行くのは今回が初めて。


105歳の篠田桃紅さん


43歳で独りでアメリカに乗り込み、
作品を描き、売った。

今の時代でもすごいなあって思うのに、
桃紅さんの時代を考えるとなおさら、驚き、そしてその熱に胸を打たれます。

どの作品も素晴らしく、心に強く響くものが多くて、
彼女の中にある「自分は自分」という、スッと気持ちよく真っ直ぐ通ったものに、強く惹かれます。

自分で信じた道を、自分でやる

多くの大衆の生き方とは全然違ったとしても
それが自分の道だと思うなら貫くべし。
そんなメッセージを桃紅さんは私たちに届けてくれているように思い、勇気をもらいました。

「普通はこうだから自分も無理してこうしないとダメなんじゃないか」という悪い風に当たって流されてしまわないように、
私も桃紅さんのように、己の生き方をキッチリと掴んで、貫ける人でありたいと思います。

いつか桃紅さんの作品を家に飾れるといいなあ


作品も魅力的で、その作家さんの生き方もリスペクトできる、そんなアートが身近にあったら、
毎日ぐっと背中を押してもらえそうですよね。


ちなみに個人的に、いろんな意味で引っかかったのが
桃紅さんが書いた百人一首カルタ。
ずっと文字から離れて作品を作ってきた桃紅さんが、晩年になってきたところで、これまで大切に保管してあったカルタのセットをとりだし、書いたというもの。

なんの気負いもなく、
本当に自由になったところで
ふっと文字に戻り、
百人一首カルタを書いた。

すごく貴重なもので、
その肩の力が完全に抜けながらも集約された濃密な空気を感じ、
観ていて、ふっと笑顔になりました。



そして
今回読んだ本はこちら



『一〇三歳になってわかったこと 人生は一人でも面白い』(幻冬舎文庫)

この本にも素晴らしい言葉がたくさん詰まっています。

てか、桃紅さん、ジョン・D・ロックフェ ラー3世夫人とお食事とか
ルクセンブルク大公妃がアトリエに来るとか
フランク・ロイド・ライトがグッゲンハイム美術館を作っていたまさにその時、建設されて行くのをリアルタイムで目の当たりにしてたとか
なんかもう、すごいよそれって。

そして今105歳で、作品を作り、
個展をする。

なんてことでしょう。

もう、凄すぎて言葉になりません。

あまりにも大きな背中ですが、
桃紅さんからパワーをいただき
私も頑張らなくてはと気持ちが引き締まりました。



そんなわけで
アート鑑賞
2018年の111件目、5月の2件目
そして読書
2018年の66冊目、5月の3冊目
でした。



#篠田桃紅 さん
#墨
#tokoshinoda
#art
#museum
#長野県
#サントミューゼ
#上田市美術館


I went Toko Shinoda's solo exhibition titled "Things Transient - Colors of Sumi, Forms of the Mind." at Ueda Santomyuze.
https://www.santomyuze.com/museum/
It was a great show for her life and works. I could know her thought and her works well.
When I read her new essay at last year, I knew her. And I was moved her way of life.
I want to live life in a way that suits me like her as a person not chained to common sense.
I read her another essay too.
Definitely, she is a living legend.

コメント

まりさんも、何かを極めて、篠田さんのようになれるといいですね。。。頑張ってくださいね。

まるみる 2018年05月16日

志が高く、好奇心とチャレンジ精神を持っていれば年なんて関係ないんでしょうね。

Kyo 2018年05月16日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 ダニエル・アーシャム@NANZUKA
新着 Pop!
新着 アイスからホット
新着 ブックカーニバル in カマクラ 2018