今日の講義はcomputational intelligence読みました




3限の大学院の講義では
マイケル・ジョーダン(Michael Jordan)

ステュアート・ラッセル(Stuart Russel)
による
Computational Intelligence
を読みました
 
1998年に書かれたものであるにもかかわらず
ディープラーニングのことが書かれていない
ということ以外は
 
全く古さを感じませんでした
 
2015年の国際認知科学会で
Michael Jordanが基調講演をしていた
のが懐かしいです
 
学生さんには
この英語論文は
かなり難しかったようでした・・・
 
背景知識があるかないかで
だいぶ理解しやすさが違うのは
人工知能に意味理解が難しいということと
通じるような気がしました



コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 見つかりました!
新着 研究室から巣立った研究員さんが
新着 ランチを見つける子犬のルラちゃん
新着 丸の内合唱団クリスマスコンサート