ペイントから陶芸まで

Kyoさん
まーみるさん

コメントありがとうございます😊

Kyoさん
たしかに気になりますね!!形から推測するとイオニア式なのかなあ。昔歴史の授業で出てきたやつ🤣なつかしー!


まーみるさん
そうですね、同じ時代を生きている作家さんは次の新しい作品も楽しみにできるという喜びがありますね。
平面と立体、身近にあるものだからこそ考えさせられますね。





さて







美術館とギャラリーに行ってきました。
今回はいろんなジャンル。

まずは

大好きな原美術館へ。

ここはゆったり過ごせる素敵な場所で、時間に余裕があるときはカフェでものんびり過ごしたりします。
ミュージアムショップも充実した品揃えで楽しいお店。アート、カフェ、ショップと総合的に楽しめます。

今回は
「現代美術に魅せられて 原俊夫による原美術館コレクション展」の前期展示です。

草間彌生から杉本博司、アンディ・ウォーホルやリキテンシュタイン、次から次へと現代アートの大物たちによる作品が展示されていて贅沢な空間です。

篠原有司男の《モーターサイクルママ》という立体作品も初めてみて楽しめたし、
ヴィレム・デ・クーニングの《無題》(1970)は、小さい作品もあるんだ、と意外に思って面白かったり。

個人のコレクションは、美術館のコレクションとはまた違った、楽しさやワクワクする雰囲気があります。
美術館のコレクションとなると館としてのコレクションの方針などがあったり、美術を歴史の文脈の中で研究したり保存したりする役割を担ってもいるので、それはそれで資料も充実していたりしてすごく面白いのですが、
個人のコレクションだと(人にもよっては美術館のようなコレクションの作り方をしている人もいるのかもしれませんが)、わりと自由奔放に、好きなものに投資したっていう感じが伝わってくることが多くて、
「あーそうそう、これも良いよね〜」なんて思いながら、歴史を離れて完全なる楽しみとしても味わえるところが魅力だったりもします。

現代アートって難しすぎてよくわかんないなあという人でも、原美術館でのコレクション展なら、
おしゃれなカフェ ランチ&アート鑑賞の素敵な時間を過ごす、という気楽な雰囲気で楽しめるのではないかなと思いました。
作品には作家名とタイトルだけが示されていて、他のうんちく系の話などは書かれていないあたりも、頑張って理解しなくちゃ!と気負わずに見られるポイントかなと思います。

今回展示室内は写真撮影は禁止の展示でしたので、エントランスの写真のみです。











続いては
鎌倉画廊で開催中の
クロード・ヴィアラ展 Part1
こちらもPart1、Part2と2期に分かれての展示です。









布を大きく使って表現した作品たち。
カラフルでありながら、テキスタイル作品とも違った厚みがあって、魅力的です。







ジッパーを使った作品もあって面白い。

この部分ね↓



鎌倉画廊さんは石内都さんの写真作品を取り扱っているギャラリーさんということがキッカケで知ったのですが、とても素敵な場所でした。
中央には螺旋階段があって3階建です。









さて次は
鎌倉画廊さんから少し離れますが駅前で
うつわ祥見KAMAKURAへ
以前から、現代陶芸の作家さんたちの作品で、花器やお茶碗などを買いたいと探していたのですが、
なかなかいい場所が探せず、今回やっと発見!というかんじです。

うつわ祥見さんには、料理研究家のお客様もたくさん訪れるとか。
素敵な器がたくさんありました。
ひとまず花瓶をずっと探していて、悩んでいるところだったので、また通いながら探してみたいと思います。

今回の展覧会は
寒川義雄さんの個展。
シンプルなのに存在感もあり、それでいて料理を映えさせてくれそうな素敵なお皿やお椀などがたくさん並んでいました。


うつわ祥見さんは2店舗あるみたいで、
この日は時間が間に合わず、両方は見られませんでしたが、今度別店舗も行ってみたいなと思います。





そんなわけで
いろんなジャンルをあれこれと。


アート鑑賞
2018年の30件目から32件目
2月の8件目から10件目
でした。



I went to see 3 exhibitions.
First, I saw the collection show "My Favorites: Toshio Hara Selects from the Permanent Collection,Part1" at Hara Museum of Contemporary Art (Shinagawa,Tokyo)




http://www.haramuseum.or.jp/d2a/en/access/

http://www.haramuseum.or.jp/d2a/en/2016/201/

They presented many important art works like Yayoi Kusama, Hiroshi Sugimoto, Andy Warhol, On Kawara. Willem de Kooning's small size paint, Ushio Shinohara's three- dimensions works with cardboard,polyester resin and paintings were interesting. In this show, they have not put any commentary texts about works without their names. So we will be able to enjoy comfortably if you have feeling hard toward some contemporary arts. Hara Museum has nice cafe and shop too.




Next I went to KAMAKURA Gallery. They had exhibition by Claude Viallat.

http://www.kamakura.gallery/current/


These works were very beautiful and vivid impact despite had been made before 30 years. The combination of color paintings and clothes gave the works a rich depth different from textile design.








He used some zippers.

I love it.












And next
Yoshio Kangawa's ceramics exhibition was going at Utsuwa Shoken KAMAKURA. I went this show room on first time. This place is very calm shop in spite of near to the Komachi Street that is very busy place by sight seeing people on every day.
Recently I'm looking for the shop which deals with the contemporary ceramic artist's works and I want to buy some vases and cups. Finally I found a good place! I'll go and find my favorite ceramic items.
http://utsuwa-shoken.com/

コメント

原美術館は、場所も素敵ですよね。同じ所には二度行くことはあまりない私ですが、ここは、機会があれば、また行ってみたいです。。。

ま-みる 2018年02月21日

あっ ここ知ってます、とても素敵な佇まいと空間だった記憶があります。

Kyo 2018年02月19日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 make up🎥✨
新着 朝
新着 落合芳幾の浮世絵とキース・ヘリングと三宅信太郎展
新着 名作は圧倒的に名作だった