奈良美智展カタログきたー!










愛知まで観に行きました
奈良美智さんの個展の

カタログが

届きました!

Yoshitomo NARA

for better
or worse

works : 1987-2017







その場では買えなくて、後日発送での注文のみ受付だったんです。
美術館で注文して、待っておりました。


展示の雰囲気が、すごく伝わる
とてもステキなカタログです。
注文して良かった〜💕👍


展覧会カタログって最近はいろんなスタイルがあって、今回のように展示風景とかを含めた上でのカタログを作る場合も増えてきている気がします。
その場合は、展覧会が終了後、カタログ完成次第順次発送ということになるわけです。


今回のカタログは、奈良さんご本人と、会場となった豊田市美術館の学芸員である鈴木俊晴さんの文章も掲載され、作品リストは写真入りで巻末にまとめられた上で、
大部分は展示風景。
個展のための写真集といった感じです。
それがまた、奈良さんの展示の空気感を伝えていて、いい感じなのです。


ここに音楽を流せば、完璧に近づく?
自宅にいながら一気に奈良美智ワールドへ。



届いて嬉しい😆😊😊☺️



堪能します😍








Kyoさん
まーみるさん
takaさん

コメントありがとうございます😊



Kyoさん
ノット!速度!たしかに!そして同じところから生まれたものだったとは知りませんでした。
結び目、きっちり結んであるのに、とある部分を引っ張ると一瞬でほどけたり、でも別の方から力を加えると解けなかったりするの、みたことあります!摩訶不思議〜って思うんですよね。


まーみるさん
ウォーキングは頭の中の整理整頓も出来るので
意識的にあるいたりもしますね。
これからは心地よい気候でウォーキングにもぴったりですね。
美術館などもステキですが、ギャラリーも場所によってかなり雰囲気が 違っていて、それぞれに魅力的でいいですね。



takaさん
パンフレットの作品、そうです!土屋さんの作品です。会場は撮影禁止だってので、パンフレット買って堪能していました。
土屋さんの作品を初めて見たのは、実は小説の表紙絵ででした。小川洋子さんの「人質の朗読会」だったはずです。現代アートが小説の表紙絵に採用されているのを何度かみたことがあり、毎回ステキなセンスの装丁だなあって思います。

コメント

コメ返ありがとうございます。
今の美術館は、こういうグッズ等の販売方法なんですね。

taka 2017年10月31日

この絵見に行ったことがありました。
特徴のある描きかたで惹き付けられるものを感じました。
名古屋まで行くなんてすごい行動力ですね

Kyo 2017年10月31日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 make up🎥✨
新着 朝
新着 落合芳幾の浮世絵とキース・ヘリングと三宅信太郎展
新着 名作は圧倒的に名作だった