杉戸洋 とんぼとのりしろ展@東京都美術館

Kyoさん
takaさん
のぶちゃんさん
まーみるさん

コメントありがとうございます😊


Kyoさん
スミソニアン!私も行ってみたい!!海外はいつも出張ばっかりなので、かろうじて台湾の故宮博物院に行ったことがあるくらいなんです。それも改装前だったので、新しくなってからは行ってなくて。世界の美術館もたくさん行けたらいいなあと思っています。
オク・ウンヒさんの作品は写真で見ていただけでは気がつかなかった、なんとも言えない優しさがあり、手に取るととても穏やかな気持ちになれます。魅力的です💕
波佐見焼に三川内焼ですか!スマホで入力したら一発変換されました😊いつか実物を見て見たいです。いろんな窯が各地にあるんですね、陶芸作品は好きなんですがまだあまり詳しくなくて。あちこち出張も多いので、いく先々でも窯元があるかも?!ステキな出会いがあるといいなあ😍


takaさん
芸術の秋、一気に面白い展示が増え、読みたい本が次々発売となり、私は一人しかいなくて、嬉しいでふが困っちゃいますねえ。時間が3倍ほしい!
わたしも、柴門ふみさんのエッセイは実は初めて読みましたよ🤗面白かったです!



のぶちゃんさん
陶芸も見ているうちに興味が出てきました。質感とか色とか、一つ一つ違っているものを見ていると、人の手の存在を作品から強く感じることが多く、面白いです。波佐見焼!そう、今回みなさんからのコメントで初めて知ったんです。実物を見てみたいなあと思いました。


まーみるさん
芸術にふれていると、そうですね、自分もなにか習ったりしたいなあと思う今日このごろです。アートを楽しむ時間って本当にステキな時間ですね。見て楽しむもよし、自分で作るもよし。
オク・ウンヒさんの作品はステキな出会いがあって本当に良かったです!
柴門ふみさんはそうですね、ドラマのイメージが強いかもしれませんよね。旦那様情報は知りませんでした!エッセイの中にはお嬢様の話が出てきて、なるほどなあと思う点があったり。読んでよかった本でした🤗






さてさて







とんぼとのりしろ展

こちらもギリギリセーフで行ってきました。

現代美術家の杉戸洋さんの展示です。


http://hiroshisugito.tobikan.jp/




杉戸さんはこの展示で何をどう展示していくか考えた時に、まずは建築ありき、空間ありきで考えていったようです。

東京都美術館は前川國男さんの建築。
タイルと暗めの色合い、分厚く感じさせるような重厚感のある壁の雰囲気がとても特徴的で落ち着いた空間です。


自分の家のリビング
というイメージで展示を組み立てて行ったという杉戸さん。

特に一番下のフロア、吹き抜けになっているところは、
こんな部屋がおうちにあったら、最高かも!と思わせてくれるような居心地の良い空間でした。

その一番下のフロアから見上げると、一つ上のフロアにある《module(for roomA)》というタイルで作られた今回最大サイズの作品が見えるのもステキ。

そしてあちらこちらに、杉戸さんの作品ではない作家さん作品も展示されています。
でもグループ展じゃない。
あれ?と思っていたんですが、杉戸さんのリビングのイメージを読んで、納得しました。

自分自身が作り出すアート空間に、自分のお気に入りのコレクションもちらほら、というとても自然な流れ。

こんなアトリエのようなお家に住めたらいいなあ。
って、あくまで美術家の展示室なんですけどね。


今回一番好きだった作品はやっぱり《module(for roomA)》

じーっと見ていたら、ちょっと巨大な鍵盤楽器のようにも見えてきました。
裏にも棚のようなつくりがあって、そこに三沢厚彦さんの彫刻があったり。

豊かな色彩と遊び心を、日常に取り入れたい!と強く感じさせられた展示でした。



杉戸洋さんの次の作品の発表も楽しみです💕






実は行った日が雨の日だったんですが
杉戸さんのインタビューの中で
展示室に雨を降らせたかったんだけどさすがに、というあたりを読んで、これもちょっと腑に落ちました。
展示をみていて、なんとなく、雨の日に合うなあと思っていたんです。

展示を見るまでは、雨降っちゃって、寒くてざんねんって思っていたのですが、
偶然ではあるものの、雨の日に展示に出会えて、よかった☺️








というわけで
アート鑑賞

2017年の60件目
10月の6件目

でした。

オクさんの展示と行った順番とアップ順が逆になっちゃったので数があれですが・・・

どうかなあ
年内100件行けるかなあ

1件1件じっくり見たいし
じっくり見るとエネルギーも案外使うので、まとめて1日にあちこちいけないのですよね。
でもアートを見るのはすごーく楽しいので、もっともっと見たい!知りたい!楽しみたい!
見れば見るほど、ワクワクしていきます。

コメント

建築、って、いいですよね。祖父が自宅を設計した人だったので、昔から、将来、図面がひけるといいなぁ、と思っていました。また、中学校の時に、技術という科目があり、図面をひいた時は、楽しかったなぁ、と、今日の話でふと思い出しました。。。

ま-みる 2017年10月11日

コメントありがとうございました。
各地の窯巡りも楽しそうですね。
ちなみに三川内焼、有田焼、波佐見焼、伊万里焼は以外と近い場所に点在してるので車で軽く一巡りできます。
その所々で作陶、絵付け等が体験でき、自分が作った物は後日送付してくれる工房や展示場がありますよ。

建築も素晴らしいですね。
自分はヨーロッパの石造り建物や道路にとても興味を持っています。
長崎県にはご存じの通り教会が点在してまして、レンガ造り、木造、ゴシック調等様々な建築様式があります。どれも日本の建築家や職人さんが建てた素晴らしい造りです。

Kyo 2017年10月11日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 朝
新着 落合芳幾の浮世絵とキース・ヘリングと三宅信太郎展
新着 名作は圧倒的に名作だった
新着