【今夜放送!】木曜ドラマ「黒革の手帖」第7話あらすじ


長谷川庄治と約束した期日に契約金の残金を支払えなかったことで、『ルダン』を手に入れることはおろか、『カルネ』までも差し押さえられてしまった原口元子。長谷川は『カルネ』の新しい支配人として村井亨を、そして新しいママとして山田波子を送り込み、いつのまにか黒革の手帖も奪われてしまった元子は文字通り、すべてを失ってしまう。
困った元子は『燭台』のママ・岩村叡子を訪ね、相談に乗ってもらおうとするが、元子がしでかしたことを既に知っていた叡子は「ルールを破った女に居場所はない。あなたの出番はもう終わったの」と冷たく言い放つ。叡子にまで見放された元子は途方に暮れ…?
刻一刻と迫る『カルネ』の立ち退き期限。どうにか事態を打開したい元子は、安島富夫を頼り、弁護士を紹介してもらう。契約の無効を訴える裁判への協力を承諾してくれたものの…!?
そんな中、元子の身に思いもかけない出来事が!絶体絶命に追い込まれた元子が選択する道は…?

9月7日放送!第7話予告動画はこちら!

木曜ドラマ「黒革の手帖
【日時】 毎週木曜 21:00-21:54
【放送】テレビ朝日

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

【いよいよ明日放送!】木曜ドラマ「黒革の手帖」最終話あらすじ
【剛力彩芽主演】9月13日0:00-  いよいよ「フェイス」最終回が配信開始されます!
【今夜放送!】木曜ドラマ「黒革の手帖」第7話あらすじ
iOSアプリ アップデートのお知らせ