『レベル7』

前々から読みたいと思っていて
買っておいた本

『レベル7』(新潮社)

宮部みゆきさんの小説です。

読み終えました。

凶悪事件に関与した人たちと
巻きこまれた人たち

それぞれが
最後につながる部分まで
読み始めたらノンストップって感じの作品。

いろいろ家のことをやりながらとか
勉強の合間に読もうとか思うんですけれど

もう続きが気になっちゃって気になっちゃって。

結局丸1日もたたないうちに読み終えてしまいました。

この作品はいろんなカバーで出版されていて
最近も新しいカバーになって書店に並んでいるのを見かけました。

私が持っていたのは
古本屋さんでみつけたものなので
ちょっと古いバージョン。
でも街のネオンを見下ろしたみたいな感じ。

人気があって何度も再版されているのも納得です。

途中、一人で読んでいるのが怖くなっちゃう時もありましたが
ほんと、引き込まれてしまいました。

衝撃。


コメント

どんでん返しの連続で 頭くちゃくちゃにならなかったかなぁ?

なみへいオヤジ 2010年09月12日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 どーこだー
新着
新着 📘『北欧スウェーデン式自分を大切にする生き方』📖
新着 何宇倫さん個展@京都ギャラリーメイン