読書「三谷幸喜のありふれた生活」6巻と7巻

引き続き「三谷幸喜のありふれた生活」を読んでいます。

今回は6巻と7巻


6巻はエッセイの最後に舞台「コンフィダント・絆」に出演した俳優さんたちへのインタビューも収められていて
いろんな人から見た、三谷さんってこんな人という話が載せられています。
面白い。

市川崑監督の映画「犬神家の一族」に出演する話や、
ご自身の舞台作品の稽古場の様子、
イタズラ好きでお茶目な事件を巻き起こしている話なども、相変わらず楽しく、
よく考えればすごく前の出来事なのに
文字が生き生きとしていて
どんどん読み進めてしまいます。


7巻は映画「ザ・マジックアワー」を作っていた頃の話。
映画はDVDで何度か観ているのですが
あの街並みの雰囲気の素敵さがどうやって作られたのかという話も、この本の中にありました。

三谷さんのあてがきについての話もちらほらと。

本当に、いろんな人にたくさん愛されている三谷さん。
その素敵な人柄ゆえなのでしょう。



それにしても
あの、朗読劇「ラヴ・レターズ」にも出演なさっていたとは!
観たかったなあ〜









というわけで


2017年の40冊目、41冊目
7月の4冊目、5冊目

でした📚




まだまだ読むよー




#三谷幸喜 さん
#三谷幸喜のありふれた生活
#ザマジックアワー
#映画
#舞台
#朝日新聞出版
#エッセイ
#読書

コメント

読書は素敵ですね

Kyo 2017年07月21日

まりさん、三谷さんにすっかりはまっていますね(^0^)。

ま-みる 2017年07月21日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着
新着 📘『北欧スウェーデン式自分を大切にする生き方』📖
新着 何宇倫さん個展@京都ギャラリーメイン
新着