好きなエッセイ。

私は、毎月発行される沿線情報誌のフリーペーパーを楽しみに読んでいます。駅で見かけたことがある方もいらっしゃるのでは。⭐️


なぜ楽しみなのかというと、理学博士の佐治晴夫さんのエッセイ「宇宙のカケラ」が掲載されているからです。
1ページの掲載ですが、そこには文章を超えた素晴らしい世界が星くずのように広がり、宇宙と人との結びつきが見えてきます。

(今回は宇宙に直接的に関わらないテーマでしたが、人生の見方としては関係しているかな?)
特集ページのスペシャルインタビューで、星と人のつながりについてお話してくださっています。


エッセイでも宇宙のこと、いのちのこと、普遍的なものを語ってくださいます。
私は壮大な宇宙に思いを馳せたとき、いのちの深いルーツがそこにあるような気がしてとても感動します⭐️

星は私たちの目に見えるように輝き、いつも語りかけてくれていますね。
宇宙もまた私たちのいのちを抱きしめながら、人生を見守ってくれています。

佐治晴夫さんの著書、手に入れよう📖⭐️

コメント

佐治さん  いっぱい書籍出してるから  どの分野の書籍を選ぶかを考えるだけでも悩むかも

科学的な物や ロマンスあふれる物などがあるからね

なみへいオヤジ 2017年06月29日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

美穂ちゃん♫
観劇「GOLIATH〜ゴリアテ〜」
最近みた映画。
山と溪谷