おりこじぇんこ

秋田の方言

母は方言のある地域で育ったので
ネイティヴスピーカーなんですが

私は同じ秋田県でも
秋田市の、新しく作られた団地で生まれ育ったので
なかなか、ネイティヴほどの方言にはならず、




1・聞いて、理解ができる。

2・考えながら使うことができる。

という感じ。

ふとした瞬間に秋田の方言がひょいと出るというレベルではなく、
祖父母の家にいると
やっぱりネイティヴスピーカー達には敵わない(?)なあと、しみじみ思ったりするのでした。


同じ秋田県内でも、方言は県北なのか県南なのか、内陸なのかなどによっても、結構違いますし。



そんな中で

耳にした



「おりこじぇんこ」


という言葉。



明らかに方言なのですが
じゃあ、正式名称は、なんていうんだろう??と。


あれやこれや検索して




どうにか辿り着いたのが





「御霊供膳」



「おりくぜん」




と読むそうで

ご先祖様や仏様にお供えするお膳のことです。



これが
方言で訛って

「おりくぜん」→「おりこじぇんこ」

となっているようです。

何にでも「こ」を付けるのは
秋田弁の特徴のひとつでもあります。



いまいる地域では
49日の法要ではなく、これを
35日の法要ということで行うんだそうで

35日まで毎日
この、「おりこじぇんこ」を
故人の祭壇にお供えします。


ご飯🍚と、お味噌汁以外に
5品のおかず。
動物性のものは出汁にも使いません。

前日に、作り置きできそうなおかずを5品作り、
故人にお供えするぶんを、ラップして取り置き、
残りは家族でご飯の時にいただきます。



ということで


毎日、5品のおかずを

弔問のお客様がいらっしゃる合間に
作り続けております。

本当は
どの場所にはどんな品物というルールもあるようで
使う器も、それを配置する位置も決まっているようなのですが

祖母にきいたところ、
格好つけばよい ということで😅
本来ならばこういうお膳だと
ちがう!というご意見もあるのかもしれませんが、

自分なりに彩り良く5品作って毎日並べてみております。


ネット検索したら
真ん中の高坏には香の物や酢の物を
とあったので
なんとなーくそれらしき物を😅


人参のラペ

白ワインビネガーではなく
普通のお酢を使って作ってみました。


他にはいろいろ
根菜や、舞茸、
植物性のもので。


普段からお家のご飯も
植物性のもので作ることがほとんどなので、
そのあたりは、私としては
むしろいつも通りに料理している感じで
楽々です。
ラッキー。



そういえば
生前、おじいちゃんに
私が作ったご飯を楽しんでもらう機会がなかったなあ。



いま
美味しく食べて
35日まで
頑張って過ごしてもらえるように
心をこめて、作ります。
















これが本日のお膳













こっちは昨日のお膳

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 ルイボスティーとムーミンと小村雪岱とかバーナード・リーチとか
新着
新着 『見た 訊いた、買った古美術』
新着 『戦地の図書館』"When Books Went to War"📚