本気スイッチ

娘の幼稚園では、毎朝1時間ほど早く行くと、朝体操というのがあって、その時々のメニューをこなす自由参加の時間があります。


年少さんでは、主に自分のペースでランニングをするにとどまっていたものの、年中さんになってからは内容も濃くなってきていて、グランド3周(300mかな?)を決まったタイム以内に走りきれないと(先生曰く、決して無理なタイムではないそう)、何回でもやり直しというメニューが加わるようになりました。

まだよくわかっていないのか、いまいち競争心に欠ける娘は、最後の最後まで居残り組。




普段、外ではほとんど涙を見せない子なのに、3回目のやり直しで、突然の悔し泣き。



そこでスイッチが入ったようで、次からはペースを上げて走ることを意識し始めました。

娘の涙を見て、かわいそうにも思ったのだけど、それで本気を出させるというのが、おそらく園の方針であり、私もこれがひとつのきっかけになるのかもと思えた瞬間でした。



賛否両論ありましょうが、こういうのも必要なんだと思います。

4回ほどやり直しくらって、その前にウォーミングアップでも走っていたから、ゆうに朝から1.5キロ以上走っている幼児たち。


それでも嫌がりもせず、毎日楽しそうに出掛けて行くんだから、ある意味うちの子も図太いw




そういえば娘が泣いた時、お友だちの男の子が「なに泣いてんだよ~」と優しく声をかけてくれていて、朝からキュン黒ハートとしちゃいましたわーい(嬉しい顔)


お友だちと一緒に頑張れるのはいいことだねるんるん


大矢敦子

#ママモデル

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 公園代わり
新着 ゼロ地点
ハワイアンリトミック