母の宅急便。

田舎の母からは折々に旬のお野菜などがクール宅急便で送られてきます。





道の駅や知る人ぞ知る八百屋さんで発掘した無農薬野菜などを「送ってもい〜い?」と下から尋ねて送ってくれるのです。

下から尋ねるのにはワケがあり、それは私の家の冷蔵庫の空き状況に応じて折角のお野菜がありがた迷惑になってしまわぬようとの配慮なのであります。

なんにしてもありがたきは親の愛、でしょうか。



さて、今回は母の作った筍料理にはじまり、これまた母お手製のハギナふりかけ、そして“池田さんちのトマト”、サラダ用のカブ、そのカブで作った夏みかんの挟まったピクルス的なもの、クレソン、ニンジン、鹿児島のおいしいじゃが芋、などなどバラエティに富んだ品々が届きました。

なかでも宮崎出身としてはこれぞ宮崎!な日向夏、このテニスボール大の黄色いミカン族のこれが私は子供の頃から大好きなのですが近年改良が進み種無しのものが増えていてますます好感度が高まっていたのですが……


なんと今回届いた日向夏ちゃん達は私が今まで出会ったどの日向夏よりも種が多い、あの黄色い皮の内側を占める体積としてはもしかしたら果肉以上なのではないかしらん、といった様相。


ですが……


その果肉は果肉で、史上最高に美味しいのであります!


モゴモゴと種をよけつつ喉を通り抜ける果肉の爽やかでなんともいえない甘酸っぱさにウットリ……、しかし気を抜くと種が一緒にお喉を通過しようとするのを慌てて遮る、というハラハラの美味堪能。この緊張感に満ちたお口のなかの攻防たるや。



終いにはうーむ、と考え込み、ようやく

「ミカン絞り器を使ってジュースにすればいいんだ!」

とひらめき、早速Osterのシトラスジューサーという器具をAmazonしたのでした。



そういうわけで我が家の日向夏ちゃん達はこれからジュースへと華麗なる変身を遂げることになりました。



暖かな季節となったので柑橘系がますます美味しく感じられて嬉しいことです。




↑“池田さんちのトマト”やサラダ用のカブ達。
もりもり食べます。


チラッ


#母の宅急便
#おいしいお野菜色々
#日向夏

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

真夏になりましたね。
濃密読書体験。
首すじを通り抜ける初夏の風。
騒乱は過ぎゆく。連休のかなたへ。