手術

娘、一本だけ生えてこない乳歯がありました。


詳しく調べたら、歯牙腫と呼ばれる、歯のなり損ないのようなものが歯茎の中にあって、それが邪魔して出てこられないことがわかったので、その歯牙腫とやらを取り除く手術をしました。


大人なら口腔外科で局所麻酔だけど、年齢考えて全身麻酔です。


縛りつけてやるような方法もあるとのことでしたが、これで歯医者恐怖症になられても、あとあと大変なので、もちろん不安要素はありましたが決行することに。


手術は一時間程度で終了。



素直~に治療台に乗り、目が覚めてのちも毅然とした態度で、小児歯科の先生方にも「こんな落ち着いた子も久々」との称賛を受け…たのも、私の顔を見るまで。


目があった途端、緊張の糸が途切れたと見え、

痛い、帰りたい、点滴取りたい、術着脱ぎたい、もう病院嫌だと号泣。


…ま、そりゃそうだ冷や汗



術後2時間ほどは病室で安静と聞いていたので、きっと寝るんだろう…と思いきや全く寝ず。

当たり散らすようにワガママ炸裂された時間だったけど、この日ばかりは仕方ないかな猫2


そうこうしているうち、突然「あ、治った。」と言い出し(むしろ麻酔が切れて痛くなるのではと思ったのだけど…)、すっかり機嫌を直してシール遊び。


翌日の消毒にも嫌がらず、むしろ揚々と出掛けて行った。



まったく女子は強い。





写真は手術前のもの。



術着がかわいくてテンションあがった模様(笑)




ちなみにその日の晩、「歯、生えてきた?」と何度も聞いてくる娘。




さすがにまだだろう…。




常識に縛られないその発想力、、、素晴らしい!!!(笑)




大矢敦子








コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 公園代わり
新着 ゼロ地点
新着 ハワイアンリトミック