恵比寿映像祭マルチプルな未来

2月に行っていた展示のことを書こうと思っているうちに
仕事が立て込んでしまい
書かず終いになっておりましたので

ここらでまとめておかねば
さらに溜まってしまう・・・

と。


さて
順番に書いていきますと


東京都写真美術館で開催されていた
「恵比寿映像祭 マルチプルな未来」


行ってきました。




森村泰昌さんや
金氏徹平さんの作品は
事前に調べた中で、観たいなあと思いながら行っていて
特に森村泰昌さんの展示は、初めてみたお札のシリーズや、森村泰昌さんがプレスリーに扮した映像もインパクトがあって面白かったのですし、
今回のテーマであるマルチプルっていうものに、こうやってアプローチしたのかあっていうのが、
すごく腑に落ちて、いいなあって思っていたのですが、


そんな中で

あれこれ観て回って

今回一番ひっかかったのは



ズビグ・リプチンスキー監督の《タンゴ》
1980年に作られた短い映像なのですが
すごーく、クセになる感じです。
https://www.yebizo.com/jp/artist/detail/8


印刷物を切り貼りした時のコラージュのような
絶妙な平面感、紙っぽさを感じさせるような映像。
不思議な世界がどんどん折り重なり、また静寂へと戻る。

何度でも観たくなります。













映像のアート作品って
いろいろ、難しかったりもするけれど
たくさん観ていくと面白い!






ということで
2017年の13件目
2月の8件目のアート鑑賞は
「恵比寿映像祭 マルチプルな未来」
でした✨


#映像
#動画
#恵比寿
#恵比寿映像祭
#東京都写真美術館
#森村泰昌
#ズビグリプチンスキー
#タンゴ

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 "SENSIBILITY AND WONDER"展@DIESEL ART GALLERY
新着 ラッキーカフェ☕️
新着 涼しい
新着 「右目と左目でみる夢」山村浩二監督アニメーション