iPhoneカメラの基本を学ぶ。

強風吹き荒れた昨日。



お口にもお目目にも砂ぼこりがジョリジョリ入って大変です。
三寒四温の移ろいやすい日々ですが、マスクとサングラスは必携、ということでしょうか。





さて、そんな強風吹きすさぶ昨日、京王線柴崎駅近くにあるカフェ「手紙社 2nd Story」にて

表現の学校「たのしいカメラ学校 ♡ かんたんiPhone講座」

というワークショップに参加して参りました。




iPhone。


世の中の流れに流されてなんとな〜く手にしたiPhone。

実質、使いこなせているのだろうか……

そんな風に考えること多々。
とりわけ、インスタなどで他人様のステキ写真を見たときなどは……ね。


コレ、どうなってるんだろう?

こんな風に自分でも撮れるのかしらん?



あまりにステキな写真だと
『これはもう個人の趣味の範疇を越えてるでしょう!?きっとプロのカメラマンさん並みの装備をしているに違いない!』
と、私の憶測はどんどん膨らみ、撮影現場で目にするようなスタジオの様子(照明、ホリゾント、場ミリ…等々)がポワワンと脳裡に浮かぶのでした。



しかしどうやらそんな大層なことではないらしい。


やり様によってはこの、手元のiPhoneひとつでステキ写真を撮れるらしい。



ならば是非!私も!


そう思って前出のワークショップへ参加したのです。


ステキカフェ、手紙社 2ndStory。
ほっこりカワイイ紙モノや雑貨も扱っています。








この場所でiPhoneでのステキ写真の撮り方の基本のイロハを教わりました。

まずは物撮り。
それから人物。二人一組になってお相手にモデルになってもらって撮りあいっこしました。

人物撮り、好きだなー。

ひとを撮るって楽しいですね、いつもカメラマンさんが撮って下さるときにこちらを乗せるために絶妙な合いの手を言って下さいますが、ついつい
それに倣って「おっ、イイねイイね!」などとやたらにイイねを連発してしまいました。
ホントにイイんですもの。



ね?


モノクロ、いいわ〜
味があるわ〜



ステキ写真が自分でも撮れてご満悦であります。



↑ケーキの写真は私が撮ったもの、私のモノクロ写真はパートナーの方が撮って下さったもの。
プリントアウトするとまた味わいが増して嬉しいものです。



#iPhoneカメラ
#ワークショップ
#手紙社2ndStory
#写真
#モノクロ

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

真夏になりましたね。
濃密読書体験。
首すじを通り抜ける初夏の風。
騒乱は過ぎゆく。連休のかなたへ。