📚『罪の声』📖

本屋大賞ノミネート作品でもある
『罪の声』(講談社)
塩田武士さんの小説。

ご本人も本の最後に書かれていましたが
昭和の大事件、グリコ森永事件に
なるべく沿うような形をとりつつ、そこにいろいろな人間模様や結末を付け加えて、小説化したものだとか。

わたしはこの事件については、
名前と、本当に簡単な内容しか知らなかったので
今回読んで、改めて本物の事件の展開などを知る部分がありました。


実際は未解決事件ですが

小説の中では
記者や残された家族が
真相に迫っていきます。


真実の札が一枚ずつ
手元に揃うに連れ、
それぞれの立場で、複雑な気持ちが出てきます。


未解決事件は、
発生した時は過去だし
未解決と扱われることになった時点も過去だけれど
時は切れるとこなく、
この地球上でそれぞれに流れ続けている。



分厚い本で読み応えがありました。

うーん、ますます
今回の本屋大賞の行方が
わからなくなってきましたね☺
どれも素敵な作品ばかりです。

次に読んでいるのも
本屋大賞ノミネート作品📚✨

わくわく


ということで


2017年の21冊目📚
2月の7冊目📖でした🤗✨









#読書
#罪の声
#塩田武士
#講談社
#小説
#未解決事件
#昭和
#本屋大賞

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 『ハリネズミ乙女、はじめての恋』📖
新着 ぼだっこ?!
新着 📙『江の島ねこもり食堂』🐾🐱
新着 8月なのに涼し過ぎるぞ