呼吸と動きの連動にひそむエレガンス。

2月も折り返し地点。
というか今日はセント・バレンタインズデーですね!?


いやはや、いやはや。



ならば、多少なりともそれらしく。



ハート……

これをご覧になったアナタ様の今年一年の健康とご多幸を私がお祈りしておきます、にえいッ!

天に届け!このハート!






さて、バレンタインの儀式(?)も済んだことですし、これで心置きなく春に向けて蠢きはじめることが出来ますね。

なにしろここ数日あまりに寒かった。

寒さで身体がこわばって、寝起きのたびに寝違えになってしまうくらいに寒かった。


参ったな…と頭を悩ませていたところ、先日とある著名なトレーナーさんによるストレッチレッスンを受ける機会に恵まれました。

ストレッチというのはいいものですね。

自分の身ひとつあれば充分に出来るところが素晴らしい。

……と言いつつストレッチポールやストレッチバンド(ゴム製のバンド)なんかも使いましたけど、基本道具は必要ないものとして考えておけばいいのですものね。


人体の構造を紐解きながらの的確なご指導のもと、2時間みっちりとストレッチをし、なおかつそれらの動きをすべて腹式呼吸と連動させるということを学びました。

この、腹式呼吸(骨盤のなかにまで呼吸を巡らせる)を動きと連動させるということが地味ながらとってもとっても重要である、おそらくそうに違いないことを、素人ながらも察してしまったので、ここでこっそりアナタにも耳打ちしておきたい。

これはもしかしたらヨガなどを嗜んでらっしゃる方々には既に当たり前のてやんでい!なことなのかもしれませんのであまり偉そうに言うことでもないのかもしれませんが……


もしアナタが私と同様普段そんなに運動をしない人だったり、どちらかというと運動音痴だわ〜なんてタイプの人なのでしたら是非今夜、お風呂上がりにでも前屈やら開脚やらの思い付くストレッチをしてみてご覧なさいませ。

そしてその時「イテテ…」とちょっぴりキツイわ〜と思うところで動きを止めるでしょう?

その時に深い呼吸を、それも下腹がポコンポコンと動くほどの深い呼吸を意識的にやるのです。


アナタの身体が固いほど、おそらくストレッチ時の呼吸は胸だけでやる浅いものになっているはずです。


ええ、わかっているんです、私がそうだから!


だからそこのところをちょっと頑張ってですね、ムフー!ムフー!と、ええ、痛いのは分かってますよ、でも頑張って腹式呼吸をしてみるのです。

過呼吸にならない程度に(実は私がなりかけた。要注意)。



この、「身体を伸ばす→イテテ!→ちょっと我慢→その位置で腹式呼吸→イテテ!→我慢だ頑張れ→腹式呼吸→イテテ……」
これをご自分のペースで続けていくと、ストレッチをやめたあとの自分の身体の“ひとまとまり感”というものに気付けるタイミングが訪れると思います。


その、普段はバラバラに機能していた身体のパーツがキチンとひとまとまりに繋がって連動している感覚というのの優雅さたるや!


身体を動かすのが上手なひとというのはこのような心地良い感覚を味わいながら自分という「身体」のなかで過ごしているのだな、とそう思ったのでありました。




まあものは試しです。

私はこの「動き+腹式呼吸」が普段何気なく歩いたりしているときにも機能するぐらいになれたらいいなぁ〜と、思っているところです。

(腹式呼吸自体を身につけることもそれなりに大変だとは思いますが……
でも聞くところによると眠っているときは人間は腹式呼吸だと言うじゃないですか。意識がないときに出来るのですからきっと起きているときにも出来る!…はず)





チラッ


#バレンタインデー
#ハートチョコ
#ストレッチ
#腹式呼吸
#身体は“ひとつながりの大秘宝”

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

真夏になりましたね。
濃密読書体験。
首すじを通り抜ける初夏の風。
騒乱は過ぎゆく。連休のかなたへ。