無思考でアイスラテを注文し、大いに後悔する極寒の今日。

寒いですねぇ!




ミゾレのような、アラレのような、シャーベット状の粒々が降り続いています。


外に出てみると世界はキンッキンに冷えきっています。


どうぞどなた様も風邪などひかれませんよう。
そういう自分こそ気をつけねば、と思う冬の佳境のこの頃であります。


冬の佳境と書きましたがそれはあくまで私の体感(いつから寒くなってあとこの先どのくらいまで寒いかを考えたときの)からくる表現であって、暦のうえでは先頃立春も迎えて冬から春へと季節が移ろう分水嶺にあると思うのが妥当なのでしょうね。



なんにしても2月にもなると春物情報がひと通り出回ることもあって

「早く春になってくれ!」

という気分が強くなってきてしまうような。


この身体は寒いけれど心は春を先取りしている時期をどのように過ごすか?という時にひと役買ってくれるのがお花屋さんの花々ではないかな、と思ったりしています。

ちょうどこの時期は花屋さんのお花が充実していますしね。
迷えるほどに色々な種類の花々が溢れている店先などを眺めていると、たとえ買わないとしても随分と豊かな気持ちになれるものです。


私には例えばオーラなどを見るという能力はありませんが、色とりどりの花を眺めているとこういうのがオーラなのかもしれないなぁ、などと思うのであります。

つまり花のオーラはそもそもの花弁に可視化されて現出しているのではないか?と、そんなことを考えているのです。

……って、なんでこんな話になったんでしたっけ?


ああそうでした、あまりに外が寒すぎることから春を恋しがって思考が飛躍したんでした。



しかも花のオーラ云々に関しては、さも自分で思いついたみたいな顔して書きましたが、以前読みかじったゲーテの「色彩論」あたりからの影響の疑いも色濃い……

でも特にこの時期の花屋さんに行くと花の色が冴えざえとしていてついゲーテぶりたくなってしまうのであります。




さてそれにしても寒さが尋常ではありません。

こんなに寒いのに飛び込んだドトールでアイスラテをオーダーしたことを早速後悔しつつ、ブログも書けたことだしもっと暖かい場所へと移動することにしようと思います。


チラッ


#極寒
#花のオーラ
#ドトール
#アイスラテに後悔

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

真夏になりましたね。
濃密読書体験。
首すじを通り抜ける初夏の風。
騒乱は過ぎゆく。連休のかなたへ。