誰もが出来るけど難しいマジック☆

あっという間に2月です。




暖かくなってみたり寒さがぶり返したり、油断大敵な日々が続いています。
皆様におかれましてはお喉の保湿、お肌の保湿、保湿に次ぐ保湿………等々、保湿に余念のないことと思われますがいかがお過ごしですか。



さて今日は最近読んだ本のご紹介でもしてみようかなと、そう思いました。


最初の一冊はこちら。


この装丁、美しい!本屋さんでひと際目をひきました☆

「人生の扉を開く最強のマジック」
ジェームズ・ドゥティ 著
関 美和 訳
プレジデント社 刊

いわゆる自己啓発ものともスピリチュアル系とも一線を画すような、地に足の着いた成功へのアプローチが脳外科医ジェームズ氏の半生に基づいて書かれています。
その、地に足が着いていながらもそれこそが最高の「マジック」であるとする姿勢に失いがちで大切なことを教えられた気持ちになります。


禅や瞑想、その他内面的な成長を促すアプローチというのはこの世に星の数ほどあって現代人は皆なにかしらの側面でそれに取り組んでいる、そんな時代になっているようですよね。
ご多聞にもれず私もそのひとりとは思います。

各人がどのようなアプローチをとっているのか?というのも聞いてみると色々あるようで、そこにもまたその人の個性が現れることでしょうね。

機会があれば色々な方のそうした「内面世界の探求の旅」についても訊いて回ってみたいなぁ〜と、そう夢見ている2月のあたまです。




チラッ



#内面世界
#「人生の扉を開く最強のマジック」
#読書日記

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

真夏になりましたね。
濃密読書体験。
首すじを通り抜ける初夏の風。
騒乱は過ぎゆく。連休のかなたへ。