美人靴と相見える。

いま、密かに世の女性達をトキめかせている美人靴ブランドをご存知でしょうか。







“密かに”などという風に悠長なことを言っていられないほど実は既に早耳な女性達は彼をロックオン。



バン!!!


あれ、狙われているはずが狙ってる側に……

本日まで開催されていた日本橋三越での展示受注会にて最終日終了まぎわでやや壊れ気味、ハイテンションな「マタギ」と化したシューズデザイナーRYO ASOさんその人です。

私が巻いて参上したマタギファー(ZARAのフェイクであります)に反応されたので巻いてみて下さいとお渡ししたら……まさかのサービスショットです。
思わず激写した私、横で盛り上がる販売アドバイザーの美しき関さん、近くにいらした他の販売員の方がワ〜ッ!!となったと同時にどうですか、ASOさんの背後に写り込んでらっしゃる清掃員さんと男性とのこのテンションの差は…



素敵な写真が撮れて私ホクホクであります。



そして本来のASOさんはこのような神対応をもサラリとこなし、なにより靴作りへのほとばしる情熱をいつも瞳に宿しておられるキュートなジェントルマンでいらっしゃいます。

ASOさん、太っ腹なご対応をありがとうございます。


そして、ご覧下さい!
この若き巨匠の作る美人靴を!











特にこちらのキョロちゃんシリーズがたまりません。

こちらのキョロちゃんの黒と出会って瞬時にハートを撃ち抜かれた二年前の衝撃がいまだに記憶に新しい…
そして今回出会ってしまった赤キョロちゃんと黄キョロちゃん…、なんてカワイイのでしょうか。
特に黄キョロちゃん、今すぐ履きたい!



でもムリなの。



だってRYO ASOの靴はASOさんがおひとりで全て手作りという、ある意味“作家もの”とも“工芸品”とも言うべき靴だから。

そして人気爆発のいま、納期はなんと一年半(二年弱、かな?)待ちだから!


というわけで衝動買いの気持ちは抑えて、以前から心に温めていて本日そもそもそのつもりでいたリボンパンプス9cmヒール(赤)をオーダーすることにしました。

これを履くことが出来る2018年夏以降の自分が羨ましいです。



ちなみに私は一年365日のうち362日くらいはコンバースで出歩くような人間ですが、たまには9cmヒールを履かねば所謂「ヒール筋」が衰えてしまいます。どうせ履くなら気分が上がり、なおかつ足への負担が少ないものを!ということからもRYO ASOの美人靴はピッタリなのであります。
軽くてフィット感も素晴らしい。

美しいだけではなくそのような実用面こそ実は大事なポイントですものね!


そんなわけで久々にじっくりと美人靴たちを間近で拝見出来て眼福でありました。




#RYOASO
#美人靴
#日本橋三越
#キョロちゃん

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

真夏になりましたね。
濃密読書体験。
首すじを通り抜ける初夏の風。
騒乱は過ぎゆく。連休のかなたへ。