📚『つばさのおくりもの』📖

『つばさのおくりもの』(文藝春秋)


好きな作家さんのひとり
小川糸さんの本。

挿絵がついていて
絵はGURIPOPOさん。

以前読んだ『リボン』という小説に出てくる
主人公のオカメインコのその後を描いた物語です。


わたしも小さい頃から
何羽もインコと暮らしてきたけれど
もしかしたら、小さい時には
鳥の言葉も聞こえていたのかもなあ、なんて思うような思い出もありました。


鳥さんも
みんなそれぞれ生まれ持った性格があって
一羽一羽全然違っていたなあ。


人間だけが言語を操ってコミュニケーションできると思い込んでいるのは
とんだ思い上がりなのかも。

鳥の言葉が
ハッキリわかったらいいのになあ。


犬の言葉も。



伝わってるか伝わっていないか
わからなくても
犬に話しかけてみたら
それなりに聞いた風にしていてくれるから
もしかしたら、理解してくれてるのかなあ
なんて希望を持ちたくなることも。



この本はとっても短い小説だけれど

ページをめくるたびに
優しさが染み込んでくるような作品でした。



ということで
2017年の13冊目📚
1月の13冊目でした🤗✨📖







#読書
#小説
#スピンオフ
#小川糸
#文藝春秋
#つばさのおくりもの
#GURIPOPO
#リボン

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着
新着 📘『北欧スウェーデン式自分を大切にする生き方』📖
新着 何宇倫さん個展@京都ギャラリーメイン
新着