『赫い月』

エムキチビート『赫い月』
無事に全日程を終える事ができました。ご来場下さったお客様、関わって下さった全ての皆さまに感謝です!!

終わったから言えるけど、本当に大変な公演でした、、、!!
ストレートプレイでミュージカルより疲れるなんて経験は初めてです。笑
踊ったり、激しい動きをしているわけではないのに、回を重ねるごとに、身体がバッキバキになってゆきました。
作品の、歴史の重圧がそうさせたんですかね。
『宮城事件』という、70年前、8月14日に実際に起きた事を元にした作品で、僕は、この作品に関わるまで、この出来事を知りませんでした。
作・演出の元吉さんが、いろいろな文献を読み、事実を調べ、戦争を経験された方々からも話を聞き、莫大な時間と労力を使って創り上げたであろう作品。
残っている資料によっても、書かれている事が違うらしく、その中から、元吉さんが、より真実と感じた部分を描いてました。もちろん演劇なので、シーンによっては演劇的な嘘もありますが。
史実と空想が重なりあった、とても素晴らしい作品に出演できて、本当に良かったです。

また、赫い月の下で、皆さんに会える事を願って、、、

宇宙飛行士は、今、どの辺を歩いてるのかなぁ、、、。

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

真剣にふざける、そんな演劇
『赫い月』
「あけましておめでとうございます!!」
メール会員の皆様へ