『四つ話のクローバー』

水野敬也さんの短編小説
『四つ話のクローバー』(文響社)


読みました。

これまで
水野敬也さんの本は
『夢をかなえるゾウ』(飛鳥新社)や『雨の日も、晴れ男』(文春文庫)を読んだことがあって

どちらもとても読みやすく面白く、
また水野さんの本を読みたいなあと思っていたのでした。


今回は四つの短編から成る本です。


どれも物語、小説なのですが

今を生きること、
日々の中で起きる小さな葛藤、
その連続の先にある大きな未来、

そんなことを考えさせてくれます。

とは言っても
深く暗くなるような考えさせられ方ではなくて、

スカッとしてるんですよね。

以前読んだ
他の作品もそうでした。


今回も
物語の中からメッセージが投げかけられていて、

小さな気づきがあって、
はっとさせられて、

明日から自分も何かを変えられるような気がする、
前向きになれる本でした。










ということで
2016年の79冊目
12月の12冊目でした。





#読書
#水野敬也
#文響社
#四つ話のクローバー

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 『見た 訊いた、買った古美術』
新着 『戦地の図書館』"When Books Went to War"📚
新着 寒い日の手袋
新着 ぶーたれちゃん🐕