台風第18号

「台風第18号」は、
九州の北を通過した後、日本海を東へ進み、
午後9時、佐渡沖で、温帯低気圧に変わりました。

長崎県・厳原では、
午前9時過ぎ、最大瞬間風速39.2m/sを観測し、
10月としての観測史上最大を記録。

石川県・金沢では、
午後9時すぎ、最大瞬間風速43.4m/sを観測し、
観測史上最大を記録しました。

本日22時49分、気象庁から発表された、
「台風第18号に関する情報」によると、

「台風第18号は、
5日21時に日本海で温帯低気圧に変わりました。
温帯低気圧に変わったあとも、非常に強い風を伴うため、
西日本から東北地方では、6日明け方にかけて、
暴風や高波、低い土地の浸水、土砂災害、河川の増水やはん濫、
高潮に警戒してください。」
となっています。

詳しい情報や今後については、
引き続き、気象庁の情報に十分ご注意ください。

コメント

誕生日おめでとうございます
これからも頑張ってください‼

たーちん 2016年10月06日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

ありがとうございました!!\(^o^)/
春?冬?
雪崩
火の用心