親孝行旅行『おかあさんと旅をしよー。』

いろんな場所にお仕事で行かせていただいたりして、
時々、お母さんにも見せてあげたいな
と思う場所があったりします。

そういうところを、いつか一緒に旅行する、
それをプレゼントする親孝行の旅っていいよな
と、漠然と思うことがあったんです。

まさにそんな本がありました。

『おかあさんと旅をしよー。』(メディアファクトリー)

最近はまっているk.m.p.の
ムラマツエリコさんと、なかがわみどりさんの二人が書いた本。

二人は様々な国に旅行をして、
その旅行記を出版されています。
『チェンマイ アパート日記』(JTBパブリッシング)
『エジプトがすきだから』(日本交通公社)
『k.m.p.の南の島ぐるぐる』(メディアファクトリー)
などが最近私が読んで面白かった旅行記です。

それぞれブログに書いてみたので
まだ読まれていない方はそちらのページもぜひ。
日記カテゴリーの
「本の小部屋」に入っております。

他にも『おかあさんとあたし。』(大和書房)や、
『k.m.p.のやなコトを、どーにか、こーにか』(二見書房)
など、旅行記以外の著作も面白くて。

今回はお母さんとの話。

二人がいつもの貧乏旅行の中で見てきた素敵な所をお母さんにも見せたい!と思って計画し始めたのがこの本が出来た経緯です。
二人とそのお母さん、女四人旅の旅行記。

イタリアのミラノ、ベネチア、フィレンツェ、サンジャミニャーノ、ローマをめぐる旅です。

お母さんのための親孝行の旅なので、
お母さんたちが楽しいか、疲れていないか、無理がないか
そういうことを優先したゆったり旅。

いつもの二人の旅とは全く違う様子です。

旅の準備からしっかりして、
宿もきちんと前もって日本から手配、
お母さんたちが疲れないコースを考え
旅のしおりまで作っちゃったりして
修学旅行を引率する先生のようです。

イタリアでは
お母さんたちにカフェで待っていてもらい、
二人で走ってあちこち近くの良いところや
ご飯を食べる場所を必死で探してきたり。
そんな全力で頑張る二人と、
マイペースなお母さんたちのギャップが面白い。

でも一番感じたのは
二人が何よりもお母さんをとても大切に思っている気持ち。
いつも気遣いながら、楽しんでほしいと思って頑張る二人を見ていて、
すごくいいなと、じーんとしちゃいます。

この本、実は本にするつもりがなかったので写真は少なめだそうです。
確かに。
でもその分イラストが多くて
微妙な心情のイラスト表現で楽しめました。
私もいつか親孝行旅行したい!

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着
新着 どーこだー
新着
📘『北欧スウェーデン式自分を大切にする生き方』📖