『風景地獄ーとある私的な博物館構想』




先日、



カオス*ラウンジさん展覧会
『風景地獄ーとある私的な博物館構想』



を観に行ってきました⚑°



2015年に福島県いわき市で開催された
市街劇「怒りの日」がすごくよい体験だったので、また今回も自然と展示会場に向かいました。



((六本木ヒルズ A/Dギャラリー))



東京大空襲資料館という看板がドンと置かれた
真っ白で清潔な場所に、
作品たちが並んでいました…✎✎

















街で観るのとまた違って、
作品たち どことも溶け合わず
各々が自立しているような印象でした。



そして



展覧会を訪れてずいぶん経ってから
「展覧会ステイトメントにかえて」という文章を読みました。


http://chaosxlounge.com/wp/archives/1765



この文章に出てくるミウラさんの博物館に行ってみたいなぁって率直に思います。



「歴史」とか「東京大空襲」というと
その直接的な記憶がない世代には特に
今とは分断された遠くの物語というふうに感じてしまいますが、



戦災遺構としてのこされたその建物は
実際に1945年の記憶や風景をのこしていて、
東京の歴史が 今この場所に途切れず続いてることが感じられるんじゃないかなぁと。



住所もわからない、謎に包まれたその博物館が気になるだけなのかもしれないけど✎…



そこに立った時の
自分の気持ちが知りたいと思うので
実際に行ってみて、



『風景地獄ーとある私的な博物館構想』の展覧会を完結させたいと思います❂











*おまけ*

夏と冬に手紙のやりとりをする、
高松のお友だちおじいちゃんから
今朝 うれしいお届け物がありました✎✎




大事にいただきます❂









Yasu.*

コメント

何かすご〜く奥が深そうな展覧会ですね。
それが芸術というものですか❓

トキメキ流星群 2016年07月21日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

ご報告とお知らせ。
キスマイBUSAIKU!?
BSTVオンエアのお知らせ❂
ぴあ映画祭上映❂