ともに

熊本、大分地域で現在も多発している地震。
被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

あまりにショッキングな出来事に気持ちが追いつかずにいました。
九州地方のすべての皆さま、心休まらない日々かとは思いますが、
ご家族や守るべき命のため、最低限の必要な安全対策と情報を確保しましたらお子様や神経をストレスから守るために繰り返し流れるニュースの報道からは離れ、
ご自身や周りの方を守るため、深呼吸をしたり空を眺めたりストレッチをして血流を良くしたり心身のケアを心がけてどうかお身体を壊さないようにして下さい。

物資や支援にご心配もあるかとは思いますが、順次行き届くように多くの企業や団体、政府が素早く動いています。

九州地方以外にも、活断層上にお住まいの皆さま、今一度ご自分の住まいの位置と活断層を照らし合わせ、地震に対する対策をより一層強化して頂きたいと願うばかりです。
とて、日本だけでなく災害やテロといった予期せぬ不可抗力な世の中で、世界中どの地域も安全の保証はなく、確実なのは身を守る知識を身につけることだという自覚と、屈強な心、結束の強さによって現実に対抗しようと奮起する人間の精神に宿る高次なものを信じるほかありません。

震災を最小限の被害にするために、今後数十年間で起こりうる日本の災害に向けて十分な準備をして頂きたいです。

私も活断層やプレートの位置から、いずれ起こりうるだろう大震災への心づもりをしています。日本列島はじめ世界中の大陸は、昔から地震を繰り返してきました。これは何百年という周期ではありますが、地層の構造上、避けては通れない人類の課題でもあります。

命を守るには、耐震、非常用品の準備、避難訓練、個人と家庭や職場で出来る限りの対策と、国としてさらに研究・調査に力を入れ、各自治体での避難所や非常食確保に税金や予算を使って国レベルで耐震に力を入れるべきだと思います。

かといって神経質にならず、身近な人々との安らぎや愛を失うことがないよう、手を取り合って生きていく未来を望みます。

日常的な生活そのものが復興の象徴であるように
我々はできうる限り日常レベルの幸せを求め、生産的な生活を続けなければなりません。日本の経済を止めてしまっては、復興に至らなくなるからです。熊本にパワーを送れるよう私達も頑張ります。災害に負けない国にすべきだと強く心に誓いました。

一日も早く、心の平穏を取り戻せるよう。

緑は、癒やしの色です。皆さんに届くように。


祈りは無力ではないと私は信じます。
どうか心に平安の癒しがありますように。

コメント

災害がおきる毎に 行政の対応の悪さが叫ばれてるなが悲しいよね

災害の種類 発生場所などで 色々と対処法も変わるからね

今回 行政が決めた避難場所以外に避難された人々が 自分達で考えられて 校庭に必要な物を表示してアピールされたり ツイッターなどへの投稿をされたり 自分達でお米や水を集められて自主的に炊き出しなどを行われたりされている姿を見ると 感激するよね

救いの手を待つだけではなく 動けれる人々が自主的な行動をおこし 行政がフォローできるといいよね

新茶の季節 地震が治まり ホット一息つけれる日が 早く訪れるのを願うしかないよね

なみへいオヤジ 2016年04月21日

ゆりえさん、私の投稿にいいねありがとうございます。

のぶちゃん 2016年04月21日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 観劇「GOLIATH〜ゴリアテ〜」
最近みた映画。
山と溪谷
山の日【山と溪谷 9月号】