映画鑑賞

最近見た映画
・八日目の蝉
・かけがえのない人
・ラストミッション
・アンフェアthe end
・アデライン100年目の恋
・スーパーチューズデー正義を売った日


そして先日公開されたばかりの
『エヴェレスト〜神々の山嶺〜』

※以下内容に触れる感想あり※

撮ることに執着していた山岳写真家の深町が孤高のクライマー羽生との出逢いによって、羽生の生き様に心を奪われる。深町にとってカメラという存在よりも羽生のもつ人間性に興味を持ち、そのエネルギーに感化され、写真を撮るという目的は忘れ、羽生が生きてエヴェレストに挑む姿を見ることが深町の生きる動機になっていた。


深町という男の無骨さ、大胆さ、優しさ、弱さと強さ。しきりに移り変わる心の機微を演じ分ける目の演技が素晴らしい岡田准一さん。とてもむずかしい役を確実に捉えて演じきっていた。俳優として日本を担う人のすべてが現れていた。

圧倒的な存在感で羽生を見事に演じ、羽生そのものになっていた阿部寛さん。その迫真に迫る演技は脳裏から離れない。スクリーン越しとは思えないほど肌に感じた俳優の凄さ。まさに羽生の魂が生きていた。

堅実で賢く、羽生を想う女性の憂いを適切に演じた尾野真千子さん。控えめながらも女性の表には出ない心の強さが適度にあり、儚さもあり、その心の水面下にある動揺と葛藤の表現は過剰ではなく絶妙だった。

こんなに俳優の力量を感じた映画はかつてなかったかもしれない。それほど素晴らしい演技で、極端なことをいえば、たとえ背景が何であっても俳優に力があれば成立するのだろうとさえ思わせる。

エヴェレストという人間の人智を遥かに超えた偉大な存在を、人間ドラマをもって約2時間の映画のなかに描き上げるのは至難の技であり、至極むずかしい題材だと思う。リアリティや山の細かいことは物理的に制限のある環境という点から私にとっては二の次である。テーマは山自体でなく、おそらく生きるという本質にあったのだと思う。だからこそ成立し、純粋に素晴らしかった。私はこの作品に心から拍手を送った。

近年はハリウッドの超大作でのCG、予算、撮影技術などの進歩からリアリティーとエンターテイメントを兼ね備えた作品が増え、世の中の視聴者の目はとてもよく肥え、視点も鋭く、かつて見たことのないものを求めている人が多い。その影響は素晴らしいと思うとともに、私もいつか映画界に携わる時がくるのなら、世の中の先を行く映画を作る一員でいたいと思う。

万人の総体的な評価は得られなくとも、ストーリー、技術、世界観、俳優の演技どれか一つでも人を感動の領地へ連れて行きたい。

そしてこの作品から伝わる羽生の想い、生への執着、生き様に私は力をもらった。これほど強く生きて、生きて、体のすべての機能を使い果たして生き切りたい。すべての生きる機能を使い果たして、最後まで信念を絶やさずに目的を叶えたいと思う。

そして最後に、この作品に携わったすべての方と日本映画界を讃えたい。
数年前、山で撮影隊に会ったとき、この作品の苛酷さはスタッフの方々の雪焼けした肌の黒さが物語っていた。

拙い私の稚拙な想いだが、この作品を観て、一人のいち視聴者として、俳優の、映画の、山の素晴らしさを語らずにはいられない。




コメント

エヴェレスト もう観てきたんだ  早っ

CGじゃなく 実写で撮られたのは凄いよね

おじさんが観たいのは



今年 気になる作品は







なみへいオヤジ 2016年03月16日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 結婚式。
新着 加奈ちゃん。
美穂ちゃん。
レイモンド・カーヴァー