3・11 14:46 5年

あれから5年。






「忘れてはならない!」

とよく言われます。


自然災害の恐怖や、災害対策、亡くなった人の事、被災地の事、被災者の苦労…あげだしたらキリがないほどの事を忘れてはいけないのだと思う。

でも、正直、被災地に住んでいない僕たちは震災の記憶が日々薄れていく。

でも、僕が自分に言い聞かせているのは

「当時感じていた“気持ち”」

これだけは忘れない様にしようと思う。


5年経った今だから言えるけど、当時何故か意味もなく涙が流れる事があった。理由は分からない。多分、心が繊細になっていたのだろう。よく1人で泣いていた。


被災地や被災者を思ったり、家族の事を思ったり、友達の事を思ったり、エンターテイメントという仕事の事を思ったり…。
色んな事を繊細に感じて普段より深く思ったりしていた。

義援金を集めているとき罵声を浴びせられたりもした。でも、その人もきっと繊細に色々感じていたからこそなんだと思う。

そういった当時の「気持ち」これだけは大切に忘れない様にしたい。この「気持ち」こそが人間的であり日本人的なのだと思う。
その「気持ち」は優しさでもあり、全ての原動力でもあると思う。

忘れてはならない、あの時の「気持ち」。


黙祷




新納慎也




最新ブログ

豚小屋からの手紙
2017年は、変化する一年なのか!?
2016年はニイロの年か?問題。
トクマ&タクマを観に