『パンとスープとネコ日和』

最近、群ようこさんの小説に
はまりつつあります。

いままで読んだどれもが
ほんと、優しい気持ちにさせてくれたり、
毎日の何気ないことを丁寧にしていこうって思わせてくれたり。





今回は 『パンとスープとネコ日和』


ずっと出版社で働いてきたアキコ
自宅の1階で大衆居酒屋を営む母親と二人暮らし。
母親の死をきっかけに
店を改装して、すっきりとしたシンプルな食堂に。体によいランチ、スープにパンに野菜なとを提供するお店を自分で始める。

アキコはいろんなシーンで
悩んだりし続けるけれど
結局自分で悩んでも、他人からいろいろ言われても
自分がやるべきこと、理想とするラインからブレずに頑張って行くんです。
反抗するとか意地になるとかでは全くなく、
わたしはわたしっていう、シンプルで強いスタンスが気持ちいいし、かっこいい。

私も自分が在りたい姿を貫ける
シンプルで強い生き方がしたいなあ。



2016年26冊目
2月の8冊目でした。

コメント

レシピ、ありがとうございます(^.^)(-.-)(__)
一度チャレンジしてみます。
麻里さんの読書のスピードにはついて行けません(^_^)

鳥大根を食べたのは誰だろう!?

コハダ 2016年02月10日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 キラリトギンザガールズパーティー2017🎉KiraritoGinza Girl's Party2017
新着 オスカービューティーキャンプ@キラリトギンザガールズパーティー2017
新着 自由🐕
新着 この秋ハマった紅茶 ☕️ tea time!