「ハーブ&ドロシー」

前から見たかった映画を
まとめて
DVDで自宅鑑賞会


まずは

「ハーブ&ドロシー」






ハーブとドロシー
現代アートコレクターの夫婦を描いたドキュメンタリー


ハーブとドロシーが買った作品を作った
アーティストたちのインタビューもあります。
数々の著名なアーティストばかり。
でもハーブとドロシーが彼、彼女らの作品を買い集め始めたばかりのころは、
アーティストたちもまだ無名で、家賃を払うことにも頭を悩ませ、半年で作品が1つも売れないこともあるような状態だった人たちも。
今では考えられないことですが。

そんな当時は無名だった彼らの作品を
ハーブとドロシーは
好きか、そうじゃないか、
自分たちの給料で買うことができるか、
アパートまで持って帰ることができるか、
アパートの部屋に飾ったり仕舞ったりできるか、
そんな基準で選び、買い集めていきます。

いいもの、好きなものだけに
純粋に向き合って
買い続けた現代アートは
2000点以上にのぼり
ナショナルミュージアムのコレクションになるほどにまで膨れ上がりました。

いつも手を繋いで歩くハーブとドロシー。

ドロシーがいなければ、ここまで来られなかったというハーブ。
そしてドロシーもまたハーブがいなければ、と同じ気持ち。

40年以上一緒に暮らし、離れていた日数は片手で数えられるほどだという2人。

可愛らしい2人の姿を追ううちに
なにか、胸にジーンとくる、あたたかさも感じました。

本当に、いいな、と思った自分の感性を信じること。

それを2人で長年続けること。

すごい情熱だし

すごいことを成し遂げ
誰にも真似できないこと。

この映画の続きもあります。
続編もはやくみたいな。


コメント

いい作品に出会えて、本当によかったですね。
私もこの休みは、韓国のドラマを見て過ごそうと思っています。。。

まるみる 2015年12月30日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 えひめ・松山産業祭り2017 We went to tasty🐟Ehime!
新着 ハガキセット New stamps for post card
新着 キャンドルナイト candle light will be notice something.
新着 藤島武二展@神戸市立小磯記念美術館