舞台薄桜鬼SSL終演。


ちゃいみー(*ö)!


無事、舞台薄桜鬼SSL
全15公演終演いたしました。


本当にたくさんのお客様のご観劇
ありがとうございました。


毎日毎日
平日でも客席が埋まっていて

楽しい薄桜学園生活を送れました。



千鶴ちゃんの大野もこれにて
見納めになります。


私大野が初めてこの作品と
関わることができたのは

今年の1月の終わりでした。


そして、顔合わせ、本読み

ドラマ映画の撮影は
今年の3月から4月にかけて。

情報解禁や
私は参加しなかったけど
取材やドラマ上映イベント
5.6.7.8.9月と

作品は動き続き

9月の終わりから10月にかけて
ドラマの放送があり

11月から舞台のお稽古が始まり

そして12月
舞台上演。


この一年
本当にずーと私の中には
雪村千鶴ちゃんが一緒にいて

こんなに長く同じ時間を過ごせる
作品は初めてだったので
とても思い入れが強いです。





ありがとう千鶴ちゃん。

そして、この衣装も
ずーとずーとありがとう。

無事、体型も変わることなく
この一年
この制服を着続けられました。笑

千秋楽終えて何が寂しかったって
この衣装を脱いで
ハンガーにかけた時に

もうあしたからこの制服着れないんだ

て気持ち。


ドラマ映画の撮影のクランクアップの時は

また舞台でね。

てお別れしたこの衣装。。。

またいつか着れる機会がきますよーに。
て本気で願った。



そして、
衣装さんメイクさん

本当に長い期間お疲れ様でした!
共に過ごさせていただき
いつもみくのつまらなーいお話に
付き合ってくれて

女の子1人だからって
たくさん気を利かせていただいて

本当に本当に感謝しています。


そして、制作スタッフさんのみなさん

たくさんたくさんありがとうございました。

大野に雪村千鶴ちゃんを任せてくれて
ありがとうございました。

雪村千鶴ちゃんに出会わせてくれて
ありがとうございました。

またご一緒できる機会あるように

大野全力で日々昇進を努めます。


そして、
ドラマの脚本
舞台の脚本、演出をしてくださいました

菅野臣太朗さん。


本当にありがとうございました。

私は臣太朗さんと出会えて
本当に沢山のことを学び、得ました。

今回の舞台での演出指導
今後の糧になることばかりで

大野は毎日お稽古が楽しかったです。

大変の「た」の字も浮かばないくらい

毎日真剣にがむしゃらに楽しみながら
突っ走ることができました。




今回の舞台、
大野の人生上で
1番舞台上に立つ時間が長かったし
台詞量も1番多かったと思います。


舞台の楽しさ大切さ
改めて感じ直すことができました。

自分の糧に繋がり
脳みそのキャパも増えました。


千鶴ちゃんであるゆえ、
自分のことよりもみんなのことを考える時間のが多くて

それも私の中ではとても勉強になりました。


力をあわせることの大切さ

すごい実感したな。



そしてなによりも
いつまそばで支えてくれた
キャストのみなさん。


まずはアンサンブルのみなさん




本当にたくさん作品を支えてくれていました。
校門のではけ、ふすまや廊下のてんかん
不良での殺陣シーン
本当にたくさん大変なことあったと思います。
なのに毎日毎日笑顔で絶対辛い顔しなくて
いつも私たちのことを1番に考えてくれていて

でもその姿勢が私たちを引き締めてくれていました。
アンサンブルのみなさんに負けないものを
私たちが出さなくてはならないって。

本当に力のあるアンサンブルのみなさんだったからこそ
この作品が無事に終えられたのだと思います。

本当にありがとうございました。






理事長である芹沢 鴨役
山本東さん

舞台上では強面な芹沢さんでしたが
楽屋やお稽古場では
明るく気さくに優しく笑顔がとても素敵な
山本さん。
大野に優しく声をかけてくれたりして
ありがとうございました。

お父さんである雪村綱道役
うじすけさん

大野の本当のお父さんのお話しを
聞いてきてくれたり
本当にお父さんとしての距離感を
掴もうとしてくれたうじすけさん。
こうしようと芝居でも提案をしてくれたり
ありがとうございました。


山崎烝役 奥野智也さん

奥野さんはみんなから
ザキヤマさんと呼ばれ親しまれてました。笑
ザキさんはみくより遥かに年上なのですが
みくといつも仲良く絡んでくれました。
みんなからいじられ役のザキさん。
みくにもいじらせてくれたり
とても優しい奥野さんでした。
生意気だったかもしれませんが
楽しい時間を作ってくれてありがとうございました。


天霧九寿役 中島頼之さん

中島さんはドラマの撮影時から
プライベートでもずーと
天霧として生きていました。
役作りにとても熱心で
お芝居に対してもまっすぐな姿勢が
とても素敵でした。
大野は中島さんというより
天霧さんと呼ぶことのが多かったと思います。

時に見せる、中島さんとしての笑顔が
天霧を忘れるほどの優しいスマイルで

中島さんの真面目な姿勢でいつも
気が引き締まっていました。
ありがとうございました。


不知火匡役 瀧沢犬太郎さん

みくが犬太郎さんの面白さに気づいたのは
舞台お稽古期間でした。
とても引き出しの多い犬太郎さん。
ましゅうさんとの掛け合いが
とても面白くて本当に楽しかったです。

またいつかご一緒した際には
また新たな引き出し引いて
みくに面白いお話してほしいです!

いつも楽しい時間をありがとうございました。


井吹龍之介役 葵洋輔くん

同級生役でありましたが
リアルに同い年の洋輔くん。
貴重なタメだったので
本当に同級生のように絡んでました。

芹沢邸を案内してくれる井吹くんとのシーン
たくさん練習したよね。

ふすまがたくさん動くから。笑

懐中電灯の使い方とかも2人で話し合ったり
犬小屋をどう表現すれば
お客さんに強い印象付けできるかとか

たくさん2人で試行錯誤しました。

でも、その時間も楽しかったな。

みくがキャパ越え起こした時も
同い年だから俺には気を使わなくていいから
一緒に頑張ろうて言ってくれたり
とても助かりました。
本当に同級生だね。

本当にありがとう。


双子の兄 南雲薫役 小西成弥くん

もーせいやくんは
年下なんだけど
年下だなんて思えないくらい
しっかりしていて
お芝居に対しての考えも
尊敬できる俳優さんです。

それに増して、ギャグ線がもうエリート。

毎日みくを笑わしてくれて本当にありがとう。

みくが少し元気ない時があったんだけど
その時も元気出そうとしてくれたり

みくの無茶振りにもたくさん答えてくれたし
あっちゃんとの漫才コンビ
「ちょいウザブラザーズ」で
本気のネタ見してて言ったら
即興でネタ披露してくれたり。

本当に毎日会えるのが楽しかったです。

腹筋崩壊するほど笑わせてくれてありがとう。

いい発声にもなっていました。
(大野ちゃんの笑い声は爆音)


永倉新八役 章平さん

章平さんはね、いつも終演した後
みくが最後挨拶してはけてくるまで
待っててくれて
「お疲れ様」てハイタッチをしてくれました。

そのハイタッチにすごい救われてたし

クリスマスパーティーの時の
エプロンと帽子被るの
瞬殺な出来事だったのですが
それを章平さんが手伝ってくれてました。

素敵な先輩でした。

永倉先生とのダンボールのシーン
たくさん練習をしました。

ドラマでは永倉先生と千鶴ちゃんのシーンが
描かれていなかったから
舞台で絡めるのとても大事にしてて

だからこそ
絶対いいシーンにしたいね!て。
たくさん練習しました。

でね、Twitterで
永倉先生と千鶴ちゃんのシーンが
楽しかったて感想を書いてくださってる方の
Tweetを見つけた時
そっこう2人でやったねーーー!てなりました。笑

永倉先生との時間
とても楽しかったですありがとうございました。







生徒会長 風間千景役 井深克彦さん

かっちさんとの思い出は本当に
思い出し笑いするレベルの出来事ばかり。
みくの趣味にあった話してくれたり
一緒にyoutubeみて爆笑したり。
面白い写真作ってプレゼントしてくれたり。

とても優しい先輩でした。

毎日、
ヘアメイクの入り時間一緒だったんだけど
横でかっちさんのお話を聞く時間は
みくの中で本番へ向けてのエンジンになってました。

しかし、舞台に立つかっちさんは
やっぱり素敵な役者さんで。
そのギャップ。とても尊敬してました。

またお会いできるように
大野がんばります!

かっちさんたくさんありがとうございました。



千鶴の担任である 原田左之助役 稲垣成弥さん

せいやさんはいつも現場を
なごましてくれていました。

男子のみんながね固まって写真撮ってて

あ。写真撮ってるー

てなっても、なかなか自分から
その輪に入れないで
その場を素通りしようとするみくに
いつも必ず

未来も撮ろうよ!

て声をかけてくれて
みくも必ず仲間に入れてくれました。

本当に担任の先生みたいに
たくさん気づかってくれました。

みくを仲間入りさせてくれて
本当にありがとうございました。


幼馴染の藤堂平助役 石渡真修さん

ましゅさんにはね
本当たくさんの感謝が募ってます。
気さくで優しいましゅさん。

ドラマ撮影のクランクインの時
人見知り大発揮の大野は
男の方ばかりだし
みんなそこそこ顔見知りみたいだし
この現場で溶け込めないんだろうな
て意を決していたのですが(←をい)

そんな不安のどん底であった私に

幼馴染役だから俺には
幼馴染みたいな感覚で接してね

て言ってくれました。

そして、私を進んで周りのみんなと
絡めるように手をかけてくれました。

本当に平助くんが千鶴ちゃんを
薄桜学園を進めて
一生懸命に面倒を見てくれたように

ましゅさんはみくを
薄桜鬼SSLの現場に溶け込めるように
面倒を見てくれました。

すんごい頼りにしてました。

いつも本番始まる前、袖で

千鶴ちゃんが平助くん家に
平助くん迎えに行くていう物語を真剣にやっていました。
(知らざるエピソード)

ましゅさんは俳優としても
尊敬のできる歳上の先輩です。
みくが息詰まったとき
アドバイスしてくれたり
一緒に考えてくれたり
お芝居の相手をしてくれたり

他の役者さんにも熱心に手助けする
ましゅさんの背中には
平助くんがいつもいました。

本当にありがとうございました。


沖田総司役 木村敦さん

あっちゃんは現場のムードメーカーでした。
せいやくんといつも即興漫才を披露してくれたり
いつもみくに笑いを運んでくれていました。

沖田先輩に千鶴ちゃんが近藤先生の話する時のシーン
一緒にたくさん考えたり
youtubeに上がってる芝居のヒントになりそうな
薄桜鬼SSL関連のお話しを教えてくれたり

本当にお世話になりました。

あっちゃんがいると
みんなが笑顔になってて

あっちゃんの人を笑顔にする力はすごいなー
ていつも感心してました。

女の子1人だからって特別視することなく
みんなと平等にみくに接してくれて
それだから1人浮くこともなく
みんなと一緒に過ごせた部分もありました。

袖で待機していた時にも
笑いを提供してくれたあっちゃん。笑

本当にありがとうございました。



斎藤一役 染谷俊之さん

染さんはやっぱり
たくさんの現場に携わってるだけあって
現場やお稽古場での過ごし方も
しっかりしていて
俳優さんとして本当に尊敬できる方でした。

染さんはね
袖での千鶴ちゃんへの解釈をしてくれて
カバンと飲み物を持って待っててくれたり
本当に助かりました。

また染さんと同じ現場に立てるように
大野も昇進しようと思いました。

ありがとうございました。


そして、最後に

土方歳三役 中村優一さん

中村さんは毎日毎日
一切気を抜かず
座長としてみんなを力強く引っ張り
支えてくれました。

土方先生とのシーンは
千鶴ちゃんにとっても
この作品にとっても
大事なことだったので
2人で作品のことについて話し合ったり
考えたりもしました。

土方先生が中村さんだったから
この舞台薄桜鬼SSLに仕上がることができたのだ

と思います。

みんなよりもはるかに大きなプレッシャーや
大きな重圧背負ってたのを知っていたから

千秋楽のカーテンコールのとき
中村さんが流した涙は
キャスト全員に響いたと思います



本当に大変だったと思うけど
薄桜鬼SSLを引っ張ってくれて
キャスト全員を引っ張ってくれて
ありがとうございました。


本当にみなさんお疲れ様でした。




そして、何より
毎公演毎公演
薄桜学園にたくさんのお客様が
ご観劇に来てくださいました。

お客様あってのわれわれです。

本当にありがとうございました。




千秋楽の日まで絶えず差し入れ
ありがとうございました。


大野史上初
こんなにたくさんの女性からの
お手紙やプレゼントをいただきました。

やはり、同性の方からの応援は
嬉しいものがあります。

本当にありがとうございました。

もちろん、男性の方からの応援も
同じように嬉しいです。
ありがとうございます。


薄桜鬼SSLが終わっても
変わらず応援していただけるよう
大野も昇進しますので
これからもよろしくお願いします。




千秋楽のマチネに
鈴鹿千役の逢沢凛ちゃんがきてくれました。




みくちゃんに似合いそうな指輪あったんでー

て指輪差し入れしてくれたよ。

ほんとありがとう。

びっくりしすぎて

え?指輪?え?えええ?嬉しい

てすごいきょどりました。

りんちゃんは
2つも年下なんだがやっぱり
どこかお姉さんな気がする。
(この説何回目だろうか)


お千ちゃんと小鈴と
女子会したいな。

(ずーと実現できない)




本当にたくさんありがとうございました。

感謝しても足りないから
もうこのへんにしておきます。


また気が向いたら
オフショットたまーに載せるかもです。

無事に舞台思い出写真シリーズ
たくさん撮れたからね。

であ!またのん

あでゃーす

コメント

僕らはまだ映画という楽しみが残っているけど
キャストからすると、これがもう卒業式のようなものだったんだねぇ(ノ_・,)

ドラマ版での事件を経て、気持ちが近づいたみんなと過ごす時間
千鶴の嬉しさもそれゆえの苦悩も、すぐ側で感じられ
自分も薄桜学園の一員であるかのように思える、とても素敵な舞台でした(*´ー`*)

凛ちゃんいいな~
まぁ僕も先週、街中で凛ちゃんと遭遇するというミラクルが起きたけど(笑)

宝田 2015年12月23日

1年間ずっと同じ役と過ごしたってことになるのね。
改めて言われると、これすごいことだなー。
1年間おつかれさまでした。
たぶん、思い入れがある役だし、制服だと思うので
再演があるといいなー。

共演者やスタッフさんへの思いがたくさん書いてあって
未来ちゃんにとって大事な作品になったんだなー、
っていうのが伝わってきた。

☆shin★ 2015年12月22日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

舞台「不思議の国のカンタータ〜泣き声混じりの空想歌〜」千秋楽
#カンタータ 初日
観劇
観劇と近頃