時雨

冬へと向かう この時期、
特に日本海側では、「時雨」という言葉が聞かれるようになりますね。

「時雨」とは、
晩秋から初冬にかけて、
ぱらぱらと降ったり止んだりする、雨や雪のこと。

大陸からの北西の季節風によって
日本海上で発生した雨雲が次々とやってきて、時雨を降らせます。

また、雨雲は、日本海沿岸だけでなく、山を抜け、
日本海側と太平洋側の境界の盆地にも、やってきます。

有名な「北山時雨」は、京都盆地ですね。

ちなみに、「時雨」に関する言葉も、色々。

山から山へと、時雨が移っていく「時雨移り(しぐれうつり)」
夜降る時雨、「小夜時雨(さよしぐれ)」
そして、空の一方では晴れていながら、一方で時雨れていることを、
「片時雨(かたしぐれ)」…

いずれも、情緒あふれる響きですね。

ただ、その一方で、
寒さ厳しい冬の到来を告げる風物詩でもあります。


コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

ありがとうございました!!\(^o^)/
春?冬?
雪崩
火の用心